温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

初めての…

子どもにとっての初めての留守番、初めてのおつかいなど、
初めてする(させる)ことには親も子もドキドキする。イヤ、
子どもの方は親ほど緊張していないかもしれないが。

長女が一人で公園へ遊びにいく!と突然言い出した。
えーっ!!大丈夫かなー?
子どもが狙われる事件が多発している昨今、変な人に連れていかれや
しないか、とか、事故にあったりしないか、とか心配である。

結局、一人でじゃなく、弟と一緒にいく、ということになったが、
やはり心配だ。ダンナは、結構あっさり「いいよ」とオーケーした。
本人が行きたいと思ったとき(その気になったとき)に行かせた方が
いい、という理由から。心配するとキリがない、と。

うん、確かにそうかもしれない。来年からはもう小学生なんだし、
ちょっと勇気を出して行かせてみようか、という気になった。
帰りはパパが迎えに行って一緒に帰ってくる、という約束をして。

長女と長男は公園へ、わたしとダンナと二男は買い物へ行くことになった。
目的の公園へ行くのには信号を2回渡らなければならないのだが、
やはり心配なので、子どもたちが公園までちゃんとたどり着けるかどうか
ダンナが見つからないようこっそりと後をつけて見とどけることにした。

買い物をしているとダンナが戻ってきて、もう大丈夫だろう、とのこと。
ほっと一息ついて買い物を続けた。買い物の中盤ごろ、ふとダンナが
あいつら公園で寂しくなって二人で泣いてないといいけどなぁ、と
いうので、それもそうだ、もう迎えにいく?などと話していたが、
まぁ、買い物が終わってから行こう、と決めて、さっさと買い物を済ませた。

迎えに行ってから20~30分くらいしてから帰ってきた。泣いているかも、
なんていう心配は無用だった。子どもたちはニコニコ顔で戻ってきた。

長女は「一人で(弟と行ったけど、おそらく自分たちだけで!という意味で
一人でといったようだ)公園行けたよ!」と元気よく言った。なんだかその
表情はとても自信に満ち溢れていた。
エライもんやなぁ、自信がつく、というのは。

一人で公園へ行けたことでとても自信がついた長女は、つづいて今度は
一人で買い物に行く!と言い出した。いちおうお手伝いしたお小遣いという
ものがあるので、それで自分の好きなものを買いにいく、というのだ。
まぁ、買い物ができるようになれば、わたしもおつかいが頼めるというもの。(笑)
行く前はウインナーが入ったパンを買いたい、と言っていたけど、
果たして何を買ってくるのやら、と思いながら行かせた。

買ってきたものはチョココロネだった。100円のもの。セール品のもので、
1袋にやや小さめのが2つ入っていた。今日も明日も食べられるから、といって
チョコ大好きな食いしんぼうな長女が選んだのだった。
お手伝いを1回すると10円もらえることになっているので、これは10回したら
やっと買えるものだよ、と教えておいた。

長女の初めてシリーズ、公園へ遊びにいく、買い物はなんとかクリアしたかな。
こうやって少しずつできることが増えていくんだね。
[PR]
by naonaogon | 2005-06-14 13:47 | こどもたち