温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

9/19観覧車に乗る

絶好の行楽日和やなぁ、いうことで今日はサイクリング。わたしは二男をおんぶして長女を後ろに乗せ、だんなは長男を前に乗せて出発進行!さわやかな風を切って順調にスタートしたけど、川を渡る坂道でもうアカン、自転車を降りて押して上までのぼった。だんなはちゃんとこいで上れる、スゴイなぁ(筋肉モリモリなわけとちゃうけど)。しばらくスイスイ進んだけど、ゆるやかな坂道でまたまたダウン。急な坂道もつらいけど、ゆるやかな坂道もこれまたこたえる。長女は「がんばれ、ママ!がんばれ、ママ!」と励ましてくれるけど、あかんわ、おかあちゃんもうバテた。二男は背中でぐっすり寝とる。ええなぁ。
目的地についた。大きい観覧車が見えて、長男は「花火だ、花火だ!」というとる。たしかに花火に似とるな。観覧車やで、今から乗るねんで。というとコワイらしく、足取りがちょっと重くなった。けれどそれほどイヤがるわけでもなく、すんなり乗った。わたしはジェットコースターは平気なのに、どうも高所恐怖症で、観覧車は怖い。#昔はぜんぜん大丈夫やったのに、なんでやろ?年とったせいか?
観覧車に乗ってだんだん高くなってくると海が見えてきた。だんなは子どもたちに海を見せようと、「海だよ」と教えてやったが、長男は海より電車。乗り物好きな長男は電車を見つけて、「あ、電車、電車だ!」と嬉しそう。だんなは海より電車か、と苦笑い。長女はわたしと同じく(?)高所恐怖症で「んー!こわい!」とへっぴりごし。海が正面に見えるように席を移動するのも揺れるとこわいので一苦労やった。二男は観覧車に乗るころには目が覚めて、まったく平気で(当たり前か!)手すりにつかまって手を離さない。だんなが身動きができない、と文句をいって手すりから手を離されて、ちょっと不満そう。あっという間に17分くらいが過ぎて観覧車の旅はおしまい。
再び家へ向かってサイクリング。ええ運動になりましたわ。(というか、疲れた)
[PR]
by naonaogon | 2005-09-20 16:55 | こどもたち