温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

のりたへっぷする!と夕飯


電車好きの長男が最近、図書館で借りてくる本は当然電車の絵本が多い。そして時間があれば電車の絵本を見ている。
絵本を見ながら少しずつ電車の名前を覚えている。ところがまだ舌足らずの長男がいう電車の名前はなかなか滑稽だ。たとえば「のりたへっぷする」→成田エクスプレスとか、「ふれっちゅったり」→フレッシュひたちなど。(笑)

ちゃんといえるものは、得意げに「ほら、見て~!阪急電車だよ」とか、「伊勢志摩ライナーだよ(ま、長男の発音を正確に書くと、いちぇちまらいなー)」とか、「あっ!500系のぞみ、500系のぞみ、これも500系のぞみ」などと指さして声を出している。わからないものがあれば、とにかくうるさい。「これなーに?」と聞いてくる。いや、聞いてくるのはぜんぜんかまわないのだけど、こっちが夕飯作りに忙しいときや、二男のうんちの処理をしているときなどおかまいなしに聞く。長男からすればわたしが何をしていようがもちろん関係ないのだ。でもこっちはゆっくり長男の相手をしている時間がない。仕事から帰ってくると急いで夕飯を作らねば就寝時間に影響する。遅く寝ると、朝子どもらの起きる時間が遅くなって「遅寝遅起き」という悪循環が始まるのだ。長男が「ねぇ、これなーに?」というのがわかっていながらもすぐに答えずにいると、「ねぇ、ねぇ、これなーに?」「ねぇ、これなーにってばー!ママァー!これなーに?」とだんだん声が大きくなる。
こっちは「あーん、もうっ!」と思いながらも、長男のところへいって相手をせざるをえない。相手をしていたりすると今度は二男がおなかがすいていてどうも機嫌が悪かったりする。「抱っこ抱っこ」とせがみ、これまた夕飯作りをさまたげる。
そんなこんなで何度も中断しながら夕飯作りが進むのである。中断させられるわりには長男はおなかがすいているらしく、「きょうのごはん、なーにぃ?はやくたべたいよーはやくつくってぇー!」というので、おまえのせいで作るのが遅くなっとんじゃ~!(-_-#)と思いながら、せっせと作らないといけない。夕飯はいつもこんなだから、モリモリ食べてくれる。その食べっぷりでわたしの努力は救われるのであった。ふぅ~。
[PR]
by naonaogon | 2006-01-19 12:15 | こどもたち