温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

小学校入学説明会と準備

いよいよ長女は4月から小学生だー。わたしの方は勤務時間も少し長くなるし、加えて、小学生なら弁当も必要な時があるし、旦那は4月から仕事の関係であまり休めそうもないし、ということでめちゃくちゃ忙しくなりそうで、今から覚悟をしておかないといけない。

4月からは旦那があまり仕事を休めないから、という理由とわたしの仕事の都合もあって、先日の小学校の入学説明会は旦那に行ってもらった。その前に同じ保育園で、別の小学校入学予定だが、お母さんが出産したばかりなのでその入学説明会に行ってきたHちゃんのお父さんにたまたま保育園のお迎え時間のときに出会った。そのとき、入学説明会の話題になった。
Hちゃんのお父さん「入学説明会、行きました?」
わたし「あ、まだなんです。来週なんですよ、あ、お父さん、行ってきたんですか」
Hちゃんのお父さん「入学準備、結構大変ですよぉ。なんだかんだと作らなくちゃいけないし」
わたし「そうですよねぇ、うちも来週旦那が行く予定なんです」
Hちゃんのお父さん「え!そうなんすか、じゃぁ、ビデオとかもっていっといた方がいいかもしんない」
わたし「ビデオ?」
Hちゃんのお父さん「いや、あからさまに撮るとダメっていわれるかもしれないけど、ほら、説明をね、あとでもう一回聞こうと思ってビデオ撮ったんですよ、うち。そうそう、デジカメももっていったほうがいいかも。なんかいろいろ作らないといけないでしょ。やっぱり実物を見ないとイメージわかないから、写真とっとくんですよ。いや、うちの小学校ねぇ、あんまり親切じゃなかったんですよ。そっちはどうかわかりませんけどね」
わたし「あぁ、そうなんですか。なるほどねー、わかりました。ありがとうございます」

やっぱり説明会大変なのかぁ。旦那に伝えて、あわててビデオの準備をしていった。でもビデオは結局まわっていなかったらしく、録画ならぬ録音はできなかった。けど、お話しは特にわかりづらいこともなく、資料もわりと詳しかったので録音するまでもなかった、とのことだった。わたしも持ち帰ってきた資料にさっと目を通しただけだが、まぁ、だいたいの大丈夫そうかなー、と思えた。

とはいってもなんだかんだと準備することは多い。まだ詳しくは見てないが、袋関係やら防災頭巾などがあるようだ。また「用意するもの」の中に書かれていないものでも説明の中でこれは用意しなければならない、ようなことが言われたよう(旦那が質問したらしい)で、なんか抜けがあっていいかげんだ。年間行事予定も4月の保護者会のときにお知らせします、ということで、まだ教えてくれない。もったいぶってるんじゃなかろうか?保護者会に来ないと教えないぞ、ということ?あー、ヤだなぁ。この役所体質。

小学生になると班で登校することになるが、最初に親がするのは班長に挨拶にいくこと、といわれたらしい。班長は自分たちで調べてください、とのことだった。なので、これまた朝、保育園で知り合いの人に班長って誰ですか?と聞いたところ、「えーっと、わたしたちのときは、班長から挨拶に来てくれたわよ。班はまだ決まってないよねぇ?」といわれた。そういえば班は聞いてない。んもう、先生の言うことと実際は違っているじゃないの。その知り合いについでに連絡を頼める児童になってもらえるようお願いした。小学校になると隣組制で欠席する連絡や欠席したときの学校からの連絡などはその「連絡を頼める児童」を通じて行われるらしい。あまりこちらから欠席の連絡のために小学校に電話をしたり、何か急用以外の時に電話はしてはいけないものらしいのだ。その「連絡を頼める児童」は計2人知らせなければならないけど、もう一人はCちゃんにお願いする予定だ。
PTAなどの役員もどうしようか。積極的に担当するべきなのか、逃げ切る(?)べきなのか。ある人の話では、6年生になるまでは何かしら役員にならないといけないから、先になっておいた方がラク。ある人の話では、保護者会に出席した人の中で役員を決めるから、保護者会に出席しなければ、ならなくてすむみたい。ただ担当の係によっては負担が大きいのとそうでないのと差がありすぎる。年一回の〇〇まつりの係りにはぜったいなりたくない。

学童の申請もしたが、お迎えは間に合わないのでファミリーサポートの手配もした。うちとしてはもう最初から一人で帰らせるつもりでいた。ところが、小学生をもつお母さんのお話しによれば最初のうちはやはり迎えにきてください、来れなければファミリーサポートにお願いしてください、というようなことを言われるとのことだった。それを聞いてあとでそういわれてファミリーサポートの手配が間に合わなくなったら困ると思って、1月の時点で依頼できるファミリーサポートの協力会員さんを探してもらうことにしたのだ。わりとすぐに見つかって面談も無事終わってほっとしている。

ランドセルも1月中に買った。祖父が買ってやるぞ、といってくれたので買ってもらいました。どのメーカにするか決めたのはわたしたちだが、色を選んだのは長女だ。KYOWOのオリビエランドセルにした。丈夫なつくりをしている、ココセコムが付けられるということで決めた。まだココセコムをつけるかどうかは決めてないが、どうするかなぁ。悩むところだ。

小学校入学準備も大変だが、入学してからもどうなることやら。心配は尽きない。
[PR]
by naonaogon | 2006-02-15 15:43 | こどもたち