温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ゴキブリをやっつける

お風呂から上がって、こどもたちはパジャマを着て、そろそろ寝ようかと思っていたところ。

長男が今にも泣きそうな顔をしながら、「なんか、虫がいたよ…」と慌ててわたしのところへやってきました。

この時期の「虫」といえば、ゴキブリであることが多いのですが、とうとう出よったか、と思って、「どこよ?」と聞くと、「あそこだよ」と部屋の隅に指をさしていいました。

長女が「ゴキブリ?」と聞くと、長男は頼りなさげに「うん…」

その部屋は電気がついていなかったので、ゆっくり電気をつけました。長女が「あ!ゴキブリだ。ほら、茶色の」といいましたが、目が悪いわたしは、まだよく見つけられなくて、「えー?どこよ?」といいながらよくよく見てみるとようやく見えてきました。「あー、これか」

そのゴキはまだ羽が生えていませんでした。新聞紙を取りにいって、やっつける準備をしました。ゴキはやはり叩きにくい部屋の隅にいるので、どうやって叩こうか、こういう向きがいいか、とか少し考えていると、こどもたちが「はやく、はやく!」とせかします。

そして「バシッ!」やっつけました。ふー、よかった。こどもたちも「やった~!」と歓声をあげていました。(^^;)

ゴキブリをやっつけるのはだいたいわたしの役目(?)なのですが、こどもたちがもう少し大きくなったら、こどもたちもやっつけられるようになってくれるのか、ちょっと心配になりました。べつに必ずしも、新聞紙みたいので「バシッ!」とたたいてやっつけなければならないことはないのですけれど、ゴキを見て、「こわい~~!」と逃げているようでは、ちょっと情けないかと。確かにゴキは気持ち悪くて、あの動きはコワイものがありますけど。

「おかあちゃん、ゴキブリやっつけたで!」と自慢げに話してくれるこどもはいるだろうか。次男ならちょっと期待できるかなー?
[PR]
by naonaogon | 2007-05-30 16:08 | こどもたち