温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

初の病児保育利用

4月ももう半ばを過ぎましたねー。

4月から仕事に復帰して、ほんの少しペースがつかめてきましたが、まだまだこどもたちの具合は安定していません。

三男は初めての保育園でしたが、慣れ保育は楽勝でした。まだ人見知りをあまりしないせいかも。どの保育士さんに抱っこされてもニコニコです。保育士さんには、手がかからないので、助かってます~♪さすが四人目だわねー。なんて言われました。

7日に本格的に仕事をやり始めましたが、8日にはもう保育園から呼び出しコールが。誰かと思いきや、長男が熱を出したとのことでした。復帰二日目で、すみませーん(^^;)と申し訳ないと思いながらもお昼ごろに早引き。長男は高い熱が出ていました。病児保育も即予約をいれて、と。でも、幸い薬も飲まず、翌日には熱が下がりました。病児保育キャンセル、と。

そして二日後だったかな、今度は次男が熱を出しました。ここですかさず翌日の病児保育に予約をいれました。翌日も熱は下がらず、初めて病児保育を利用することになりました。

病児保育は当たり前ですが、普段から行ってないところに行くので、何かと持ち物が多いのが難点です。バスタオルや着替えも多めに持参しないといけないし、お昼もお弁当を作らなきゃなりません。利用するときには用紙に必要事項も記入しないといけないし。

会社には悪いけど、あっさり休んでしまったほうがラクなんじゃないか、なんて思ってしまいました。でもなかなか休めない事情もあり、病児保育を初めて利用することになりました。

クリニックでやっている病児保育なので最初、医師の診察があります。そこですでに他の医者にかかっていれば追加の薬が必要あるかないか、かかっていなければ薬が必要かどうか、必要なら処方してもらって保育のときに飲ませてもらえます。

次男は症状は熱や鼻水で、比較的熱が高かったので、座薬を入れられてしまいました。座薬を入れるとよく眠れたようです、といわれましたが、親のわたしとしては、あまり座薬は使ってほしくなかったなぁーというのが本音でした。座薬を使うと治りが遅くなるんじゃないか??高い熱ではやくバイキン(ウイルス?)をやっつけてしまってほしい、と思うのですが。

でも次男は翌日には熱が無事下がり、いつもの保育園へ行くことができました。

と安心したのもつかの間、またまた長男が熱を出し、病児保育を利用することに。長男が利用したときは、もう回復期になっていたので熱もほぼなく、比較的元気に遊んで過ごしたようです。そのせいか?それとも長男が神経質なせいか、お昼寝をまったくしなかったそう。それならいつもの保育園に行かせておいた方が普通にお昼寝したんじゃないのかしら?(^^;)と思わずにいられませんでした。

復帰早々、たてつづけに病児保育を利用することになろうとは、思ってもみませんでした。病気のときくらいは、仕事を休んで、、、とも思いますが、病気のとき以外での用事でお休みしないといけないことも多い中、急な発熱などではなかなか休みづらいというのが正直なところ。だから現時点の状況では病児保育は助かっています。

クリニックの病児保育は定員が決まっていて、利用できないこともあるので、三男だけは100%病児保育保証のNPO法人に登録することにしました。やはり小さいと病気になる確率が高いかなと思い、登録したのですが。復帰してから利用したのは、三男でなく長男と次男でした(^^;ハハハ。

でも三男も咳がまだ出ているので不安定な状態です。早くよくなってねー。ポリオの予防接種もそろそろ受けたいんだけどなぁ。
[PR]
by naonaogon | 2008-04-22 14:14 | こどもたち