温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

よくわかっている

保育園から帰ってくると、手早く夕食作り。
その間、だいたい娘はテレビを見ている。息子はというと、台所で炊飯器を置いている棚を開けてその中のものを出したり入れたり(もちろん出す方が多いけど)して黙々と散らかして遊んでいることが多い。
その棚には塩とか砂糖とか小麦粉など袋から出されてはとても困るものもたくさん保管してあるんだが、こっちはさっさと夕食をつくらないと!と思っているのであまりいちいちかまっていられない。
以前は使いさしの塩をばら撒かれて余計な仕事(掃除)を増やされたこともある。
ときどき注意していないと、いつのまにかゴミ箱の中にポイと捨てられてしまうものもある。

さて、昨日はというと、その棚の奥の奥の方から重曹をひっぱり出してきて、わざわざリビングにもっていって、もしょもしょとさわっていた。ちょっと気になっていたけど、まぁ、いっか、と思って料理が一段落するまで放っておいた。そしてふと見てみると…あ~、やっぱり…重曹は息子のズボンや畳の上に散らかっていた。

わたしが息子の名前をちょっと怒り調子で呼ぶと、なんとなく悪いことをしているんだとわかったかのような顔をしている。「なにしてんのっ!もう!」といって掃除機をもってきて息子に近づくと、息子はなんと、わたしの顔に「チュ~っ!」とするではないか!

おぬし、そんなことをすると怒りたくても怒れないじゃないの!卑怯だぞぉ!
まったく、かわいいんだから!(^^;)
息子は怒られる、と思ってわたしにチューしたのかな?ほんとうにそうだとしたら、スゴイなぁ。親の怒りを半減させる術を知っているんだから…。(親ばか?)
ただの偶然かな。
[PR]
by naonaogon | 2004-07-21 10:50 | こどもたち