温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おじいちゃんと水族館

先週週末の3連休は旦那の実家へお泊りに行った。祖父母は孫の顔が見たいと首を長くして待っているし、おじいちゃんは孫を水族館へ連れていってやる、と大張り切り。
土曜日、午前中掃除をして午後、旦那の実家へ向かうことにしていた。掃除をしている間、娘は「はやくおばあちゃんおじいちゃんのとこへ行こうよぉ!」とまるで1分ごとに言ってるんじゃないか、というくらい頻繁に言っていた。そんなこといったって、掃除がおわらんと行かれへんの!娘に何度同じことをいったって聞きやしない。「はやくぅ~!はやくぅ~!」自分のおもちゃは自分で片付けなさい、そうしないと早くおわらへんよ、といってもなかなか手伝おうとしない。でも、自分の荷物は準備するのが嬉しいようで、リュックに着替えやらを前の晩から準備させて、こっちが掃除をしている間、すでにそのリュックを背負って「行こうよぉ~!」を連発していた。まだ行くまで時間があるのに、早々とリュック背負っていたら行く途中で疲れちゃうぞぉ。もうこっちは早く掃除を終えたいのに、いちいち娘のすることを気にして注意しないといけないので、疲れる。

掃除もおわってお昼も適当に食べて、ようやく出発。娘はウキウキ、息子もお出かけは嬉しそう。
約2時間くらいかかってようやく到着!ふぅ~、疲れた。

息子は久々に会う祖父母をみて泣きだした。しょうがないね。まだ人見知りするから。
娘はさっそくおじいちゃんとおもちゃでお遊び。しばらくして息子も次第に慣れてきて、少しずつ遊び出した。
娘はわたしの実家に帰ったとき、祖父と一緒に寝たことがあったので、その日、祖父母と寝る?と聞いてみたら、最初は「いや!パパとママと寝るの!」と言ってたけど、最終的に同じ部屋で寝た。
そのとき、祖父に明日は水族館へ行こうね、と話しをしたらしく、次の日起きると「水族館いく~!」と張り切っていた。
とはいってもいつものように朝食がなかなか進まず、食べさせるのに一苦労だった。息子もあまりお腹がすいていなかったのか、あまり食べなかった。

いよいよ出発。バスにのって、次はモノレール。モノレールに乗っているとき、娘が「おうちかえりたいぃ!」と言い出した。え~っ?なんですと?まだ水族館に着いてもないのに。
まぁまぁ、そんなこといわんと。でも娘は人ごみがとくに嫌いだからなぁ…(人ごみが好きという人はあまりいないと思うけど)、大丈夫かな?ちょっと心配。

ようやく水族館にとうちゃーく。連休の真中だけに案の定スゴイ人、人、人。チケットはコンビニで買っていったので、そのまま入り口へ。
中に入っても人は溢れていた。水槽の前も人だかりでまったく見えない。娘はほどなくしてまたまた「おうちかえりた~い…」と同じセリフを言った。ありゃりゃ。たしかに娘の気持ちもわからないではないけど、これじゃぁ、おじいちゃんもちょっとがっかりだよな。
気をとりなおして娘に「ほら!見てごらん!次はどんな魚がいるかな~?」と注意を魚に向けようとするけど、またしばらくすると「はやくおうちかえろうよぉ~!」だって。
何回このセリフを言ったかな、娘は。よほどつまらんかったのかな。おじいちゃんも娘が帰りたいというのを聞いて、じゃぁもう帰るか、せっかく来たけど…と言う始末。
なんだかんだでようやく最後の大水槽の前に来て、そこは気にいったらしく、「かえろうよぉ」のセリフはいわず、長い時間張り付いて見ていた。1ヶ所でも気に入ったところがあってよかったよ。
ほっとしたのもつかの間、息子の機嫌がだんだん悪くなってきた。そういえばそろそろお昼。朝食もあまり食べてなかったし…。

おじいちゃんはイルカのショーを見せてやりたかったらしいけど、その時間も過ぎて、娘も帰りたいばかりいうので、もうお昼を食べたら帰ることにしようか、ということになった。
水族館を出て、さてどこへ行こうか…。お昼時でどこも混んでいて待たなければならない。息子の機嫌はどんどん悪くなる。持参したバナナを食べさせてみようとするけど、そんなのいらない、と手で払いのける。娘が喉がかわいた、というのでお茶を飲ませていると息子も飲みたそう。そっか、お茶が飲みたかったのね。ごめん、ごめん。飲ませてみるともっと、もっと!とたちまち水筒のお茶が残り少なくなってしまった。コンビニでお茶を買って、さて肝心のお昼はどうする?ということになって、これならモノレールに乗って帰る途中の駅に行ったほうがレストランが多いのでちょっとだけ遅くなるけど、時間も少しずれるからいいだろう、という話しになった。

こうしておじいちゃんと水族館へ行く、という行事(?)はほぼ終了した。おじいちゃんとしては少々不満だったかもしれないけど、しょうがないね。

水族館へ行く途中とか、旦那の実家からウチに帰る途中とか、こんどはディズニーランドに行きたいと娘は言ってた。わたしも行きたいけどなー。でも今回水族館へ行ったときの様子を見ていると、ディズニーランドへ行くのもちょっと大変かも。水族館とディズニーランドは違うけど、ヘタすればディズニーランドの方が混んでいるだろうし。娘の話しのネタに連れていってやりたいのはやまやまだけど、ちょっと不安もあるな。ま、実際行けるのはいつになるかわからんけど。
[PR]
by naonaogon | 2004-07-22 11:58 | こどもたち