温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:食( 30 )

職場の近くに鳥取県のアンテナショップ「食のみやこ鳥取プラザ」がオープンした。

当日の29日は先着何名かにプレゼント(たぶんワインだったような?)がもらえるそうで、お昼、外に出たときは行列してました。その日はお昼すぎにオープンだったので、入れず。

昨日、ちょっと覗いてみました。

店頭にソフトクリームの模型があったので、ちょっと気になっていたんですが、大山のソフトクリームだそうで、おいしそう、食べたいなぁ。(お店の外では食べている人もちらほら)

で、気になる値段は?

エーっ!!!(っといいつつ正確な値段を忘れたけど(^^;)、380円くらい。高っ!
東京だから?現地はもう少し安いのかしら??
(ちなみに、ぜんぜん関係ないけど、長女が「パフェ食べたい~!」といってデートしたとき、ファミレスで食べたもの、それは「お子さまソフト」105円なり(あのー、お子さまメニューは小学生以下のようですけど、長女は幼くみえる?らしく大丈夫でした)。パフェっていってたけど、そんなんでいいの?と聞くと、「うんっ!!!(^-^)」だって。ま、本人が満足するならいいっか。ということなんだけど、ファミレスと比べてもしょうがないけど、約4倍もする値段!)


ショップにはワインなどのお酒や鬼太郎グッズが多かったです。水木しげるって鳥取出身だったんだっけ?

ショップの入り口(床)にはガラス張りで砂丘の砂が展示してありました。

ソフトクリーム、いつ食べようかなぁ。(^^;)
[PR]
by naonaogon | 2008-09-02 12:10 |

ビーフン東

新橋駅前ビルにあるビーフン東ってご存知でしょうか。

もともと大阪にあったのが東京に移転したらしいです。(だから?なのか、店員さんは関西弁の人が半分くらいいるような気がします)

わたしはときどきこちらでランチを食べとります。

ランチメニューはビーフン(焼きor汁)かバーツァン(中華ちまき)の2種類のみ(※ビーフンは3種類の具があります)。

ビーフンだけだと大食漢なわたくしは、夕方お腹が空きそうなので、だいたいバーツァンを注文します。

メニューにはバーツァンの横に括弧して(肉粽)と書いてあります。これを中国語で読むと
rouzong(あえて、カタカナで書くとロウツォン)です。なぜ、中華ちまきを「バーツァン」というのかナゾだなぁ?台湾だと肉粽のことをバーツァンというのかなぁ?と考えながら食べたりしてます(^^;)

このバーツァン、しっかりしょうゆ味がついていて、中には豚のかたまり肉、干ししいたけ、うずらの卵、ピーナッツがはいっていて、なかなかいけます。おいしいです。

今日はカウンターに座ったのですが、そこに座ると料理をしている人たちが見えます。そして料理長かと思われる、中華なべを使って炒め物をしている人の顔をじーっと見ながら、「あっ!似てる~!!」と思いました。

誰に似ているかというと、誰というか、似ているのは人じゃないんですが、「ビーフン東」のデザインされた(?)「東」の漢字です。お店の「東」の漢字はちょっとパソコンでは出てこないんですが、参考ページ、こちらを見てください。

漢字に似てるなんて、なんか失礼なんですが(^^;)、でもほんとにそういう顔して中華なべを振っていらっしゃいました。

あ~、こんなことを考えながらランチを食べているわたしって・・・・
[PR]
by naonaogon | 2008-08-11 14:01 |

野菜作り⇔生ゴミ処理

ちょっとエコなお話。

先日、持ち寄り食事会をしてバジル(の苗、というか、十分育ったヤツ)をいただいたのがちょっとしたきっかけです。

庭はないのですが、ベランダにプランターをおいて野菜作りをやってみようか、と。

わたしは田舎育ちですが、野菜などは作ったことがありません。父の実家は畑をやっているので、新鮮なお野菜をいただくばかりでした。

先日の食事会でおじゃましたお家の旦那様は野菜作りが趣味という方。区民農園でもじゃがいもなどいろいろと作っているとのこと。そして食事会ではじゃがいもほりをしたり、そのじゃがいもをいただいたのですが、これがまた美味しかった。

自分で野菜をつくるって、最高のぜいたくのような気がしました。

作るのっていろいろと難しそうですが。

まだ肥料のやり方もろくにわかっていないのに、いろいろ調べると、家庭の生ゴミを堆肥化すると一石二鳥なことがわかりました。いや、一石三鳥かしら?ゴミが減る、野菜が育つ、新鮮な野菜が食べられる。

とはいっても、その堆肥を作るのも、ちょっとした工夫が必要のようです。
図書館で本(
『家庭でつくる生ごみ堆肥―よくある失敗防ぐポイント』 農文協 藤原 俊六郎著とか、 『図解 ベランダ・庭先でコンパクト堆肥 』藤原 俊六郎、加藤 哲郎著とか)
を借りたり(まずは、借りてよさそうなものを購入しようかと。なぜかここは慎重(^^;)どちらも同じ人が書いているのもあって、似たようなことが書かれてありましたが、『家庭でつくる生ごみ堆肥』は買ってもいいかなーと思いました。図書館にはなかった『堆肥のつくり方・使い方―原理から実際まで 』藤原 俊六郎 著もちょっと読んでみたいですが。

さっそく、(読む前から)生ゴミ堆肥を作ろうとせっせとベランダにおいてある古い土に生ゴミを混ぜていたのですが、ちょっと土の水分が多かったようで、ちゃんと堆肥化されるか心配になってきました。

子どもたちは、保育園で野菜を作っているということもあって、家で作る野菜にも期待しています。きゅうりやいんげんなどの種を植えましたが、早く芽がでないかなぁ、とか、芽が出てくると、毎日見て、「あっ!大きくなってる~!はやくいんげん食べたいねぇ。」とその成長を楽しみにしています。ちゃんと実るでしょうか。適宜肥料を施さないといけないですねー。

最近、生ゴミはベランダに置くので、子どもにも「ゴミ、ベランダに置いた?」などと確認されたりします。^^
長女に生ゴミを肥料にして、それで野菜が育つんやで、すごいやろぅ?新鮮な野菜もたべられるしね!(失敗しなければ、の条件つきやけど)と(なんか省略した話し方ですけど)話すと長女も「へぇ、すごい」と聴いてました。

野菜作りは最高のぜいたくなんて書いちゃったけど、野菜作りの苦労もわかるし、食べ物の有難みもわかるし、子育てともちょっと似ている気がしますね。

サロンのオープン記念のプレゼントを何にしようか、といろいろ考えていたのですが、バジルの苗とか、自宅で育てたもの、なんてのはどうかなぁ~?と。でもプレゼントできるほど育つのかどうか、ちょっと不安です。とりあえず、バジルは花が咲いたので、種は収穫できそうですが。
[PR]
by naonaogon | 2008-07-28 17:29 |

ホームベーカリー

a0014461_546422.jpgついについに、買っちゃいました。ホームベーカリー。それで焼いた「やわらかパン」がこれ。「やわらかパン」といっても、まぁ見かけは普通の山形食パンと変わりません。でも焼きたてって、もっちりしていておいしい!

市販の食パンを買ってきたら、子どもたちにあっという間に食い尽くされる~!これではいくら買っても足りん!と思い、ホームベーカリーがあれば、いつでもパンが焼けて便利かも?なんて思って買いましたが、普通に焼いても食パンは4時間くらいかかるのでした。

全自動で焼いてくれるので、そんな4時間くらいかかるくらいで文句は言えませんが、ちょっぴり長く感じちゃいます。でも、発酵するのだからそれくらいかかるのは仕方ないんですよね。天然酵母なんて、1日以上もかかっちゃうんだって、作り方を見て初めてそんなに長い時間がかかるのを知りました。

パンなんてあまりつくったことがなかったので、こんなに長い時間をかけてできあがるんだなぁ~、すごいなぁ~、とスーパーでもパン屋さんでも売っているパンを見かけると思うようになりました。

ちなみに、わが家のホームベーカリーはエムケーです。
[PR]
by naonaogon | 2008-06-10 05:46 |
今日、保育園へ行ったら、長男の担任の先生が
「あのー、カボチャのこと、別のいい方でなんていいます?(^^)」
というので、「え?ナンキンですか?」というと、先生がニンマリ笑って、
「そうそう、ナンキンっていいますよねぇ〜」

そう、わたしの実家の方では「カボチャ」よりもむしろ「南京」といっていました。
(実家は兵庫県加古川市です)

担任の先生「いやね、昨日の給食で「なんきん白玉」というのがあって」
わたし「あー、はいはい」
担任の先生「M先生が「なんきん」って何です?って。知らなかったんですよー」
わたし「え、そうなんですかっ!」
担任の先生「わたしも四国なんでね、いうんですけどね」
わたし「あぁ〜、先生、四国だったんですか。いや、言葉がなんとなく関西方面かと」
担任の先生「そうなんですよ、でね、Rちゃんのお母さん、関西だから聞いてみたら、知らな〜い、という顔するんですよ。よしよし(証言がとれた!)」

そういえば、こっち(関東)の方では、かぼちゃのことを南京とは言わないのだったけか。
長女は知ってるかな?あとで聞いてみよう。
[PR]
by naonaogon | 2007-09-26 13:14 |

梅干を漬けました!

わたくしの大好物、梅干を今年も漬けました。

今は、去年漬けたものを食べ始めましたので、来年漬けることにしようか、と思っていましたが、来年は子どもも一人増えて、仕事もしているだろうから、今よりもっと忙しくなるかもしれないと思い、来年は梅干漬けをお休みしてもいいように、今年、漬けることにしました。

生協で南紅梅を3キロ買いました。今回、梅酢も1週間ほどで順調に上がってきて全て浸かったので、ほとんどカビがつくことなく、上手い具合にいきました。

すでに紫蘇も購入し、塩もみをして入れました。ついでに新しょうがも買って、これまたわたしの大好物の(お好み焼きにも欠かせない)紅しょうがをつけようと一緒に漬け込みました。

来年が楽しみです!
[PR]
by naonaogon | 2007-07-03 17:30 |
足部反射療法の講座に通っていたとき、先生に教えていただいたアイスクリーム情報。

このDEAN&DELUCAのアイスクリームはコンビニではファミリーマートでしか販売していないとのことでした。講座が開講されていた代々木上原駅前のファミマでは販売されていて、他のファミマではまだ販売されていないとのことでした。

このアイスクリーム、先生のお勧めはチョコレートでした。が、講座の合間に買って食べたのは、個人的に好きなバニラ。でも一口チョコを味見させていただきましたが、確かにこのチョコのアイスクリームはほろ苦い大人の味で高級感たっぷりでした。

だんなにさっそく教えてやると、チョコ好きアイス好きな旦那(要するに甘いもの好き)は、仕事帰りに家の近くのファミマに売っているかどうか寄ってみたそうです。駅前にそう離れていないところに2件ありますが、そのうち1件で売っていたので、さっそくチョコレートアイスを買ってきていました。

会社の近くのファミリーマートでも販売されていました。残念ながらチョコは品切れ中なのか置いていませんでしたが。でも、抹茶アイスはあったな!そのうち抹茶アイスも食べてみたいなぁ~。

ファミリーサポートでお世話になった方から長女にと、お下がりの服をたくさんいただいたので、このDEAN&DELUCAのアイスクリームを贈りました。最初はハーゲンダッツにしようかと思っていたんですけれども。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-16 13:57 |

天丼っていうのはねっ!

日曜日の夕飯は天丼を作りました。いや、「天丼」というのは、正しくないか。正しくは、かきあげ丼です。

子どもたちにはあまり天丼は食べさせたことがありません。家ではそう頻繁に天ぷらを作らないということもあるし、あまり子どもが好んで食べてくれるものでもないからです。

でも、昨日は久々に小さめですが海老を買ったので、天ぷらにして食べてみようと思ったのです。

そこで天丼にしよう!と思ったのですが、他の野菜などとも一緒に揚げたら彩りがきれいになるだろうと思い、かきあげにしてどんぶりにしようと考えました。

写真を撮るのを忘れてしまったのが残念ですが、海老とたまねぎ、ソラマメ、しめじをかきあげにしたので彩りはきれいになりました。

天ぷらをつくっているとき、長男がやってきて、今日のごはんはなに?と聞くので、天丼だよ、と思わず答えてしまったのが失敗の始まりでした。

アンパンマンには「てんどんまん」というのが出てくるのですが、長男はその天丼を想像したらしく、それとは大違いのかきあげを見て、「えー、なにこれ~?ソラマメやだー!食べない!」と言ったのです。おいしいよ~!おまめさんも甘いし。などと言ってもぜんぜんダメ。

そしてさらにこれは「天丼じゃないよ!てんどんまんはもっと大きなエビだけなんだよっ!お野菜食べない!」といわれてしまいました。

出来上がったかきあげ丼を見るやいなや「トーマスのパズルするっ!」といってご飯をたべようともしませんでした。しかたないのでわたしやだんな、長女が先に食べていましたが、パズルのピースはビニール袋に他のパズルのピースといっしょくたに入っているのでそれを探して分けてほしいといって、今度は泣き出しました。次男も夕方寝ていてちょうどそのころ起きたのですが、ぼーっとしてすぐにご飯を食べる態勢ではありませんでした。パズルするー!!とわめくので、しかたなくパズルのピースを探してやると、次男も一緒にパズルをしたがって、結局家族でパズルのピースを分けたり、長男や次男にその間にご飯を食べさせたりしました。

長男は食べない!といっていましたが、食べさせると最後まで食べてくれました。ソラマメを食べさせようとすると口を閉じて食べたくない!といいましたが、お願い!甘くておいしいよ!などとなだめすかして食べさせました。次男はまぁまぁもりもりと食べていました。

寝る前、長男はアンパンマンの絵本でてんどんまんがのっているページの部分を開いてわたしのところに見せにきました。「ほらっ!てんどんマンはえびだけなんだよ!」

(^^;)はいはい。わたくしが間違っておりました。でも、お野菜もはいっている天丼もあるんだけどなー。夕飯に作ったのは、「かきあげ丼」だったけど。
やなせたかしさん、てんどんまんにはエビだけでなくお野菜の天ぷらも入れてくださーい!たのみます。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-16 16:42 |

小学校の給食

区立の小学校なので、給食は学校の給食室で作られているらしいのですが、長女にいわせると、なかなかおいしいらしいです。

外部委託などしている学校ではさらに給食に工夫がされていたりして味もいいらしいですね。

長女は朝食を食べるのが遅かったり、キライなものがあると、減らして!などとわがままをいったりしますが、給食のことを聞くと、毎回、残さずちゃんと食べているとのことです。わが娘ながら、エライ!

というのも、わたしは、小学校のころ、給食を食べるのが毎回ほとんどビリで、しかもキライなものを残したりしていたのです。大食漢の今じゃ、考えられない!くらい食が細かったんです。(こんなことをいうと、だんなに信じられないと言われました)注)今は大食いですが、肥満ではありません。(^^;)

そしてふと今さらながら「給食って、お箸で食べるの?」と聞くと、長女は「きまってるじゃん」とのご回答。そーだよね。わたしのころは、なにかと話題になった「先割れスプーン」でした。それをいうと、長女はびっくり。「なんでお箸じゃないのぉ?」と言われました。

う~ん、なんでだったのだろう??給食は高学年になるまで、主食は「パン」だったしな。いや、だからといっておかずは毎日洋食というわけじゃなかったんだけど。(高学年になって、はじめて「おにぎり給食」というものが出るようになりました)長女の学校の給食メニューはバラエティに富んでいます。わたしのころも、こんな給食だったら毎回残さずに食べられたかも?なんちゃって。でも、わたしが毎回、食べ切れなかったのは、主に主食のパンでした。なので、わたしは学校の給食というのは、あまりいい思い出はないのですが、給食で出たプリンは、最高に美味だったなーと一番印象に残っています。
[PR]
by naonaogon | 2007-03-01 17:59 |

焼き鳥をかう

近所のスーパーの外で移動販売車で焼き鳥屋さんが週に3日ほど売りに来ていて、保育園の帰り、いつもそこを通ります。

少し前まで週1くらいのペースで焼き鳥を買って(夕食にして)いたのですが、ここのところ、少し間をあけて買っていませんでした。

昨日は、次男がちょっと熱が高くなった、ということで保育園からお迎えコールが職場にかかってきて、少し早めに迎えにいきました。

いつもの時間だと焼き鳥ももう本数が少なくなっていて(うちは5人家族で子どもたちは大好物なので20本くらい必要)、もうないよ、なんていってあきらめさせていたのですが、昨日はいつもよりも少し早めの時間帯だったということもあり、また、長男に「やきとり、買おうよぉ」とねだられたこともあり、自分も夕食準備の手間が少し省けるということもあって、よし、今日は久々に買うことにするか、というと、長男は満面の笑みを浮かべて、大喜び。

ひさびさだもんね!(^^) やった~~!!!

その笑顔のなんとかわいいことよ。(ほれぼれします。親ばか)

そして家に帰って、カンタンに夕食の支度をして、さぁ~ごはんですよー!といって食べ始めたとき、長男はぱくぱく食べていました。長女に3本ずつだからね!!と厳しくいわれ、とりあえず長男は3本食べおわり、まだ少しあまっていたので、わたしがもう1本食べてもいいよ、というと「いいの?やった~!」といって食べました。そしてまだ余裕があったので、「もう1本いいよ」というと、それはごはんとお味噌汁を食べてから最後にたべるの。といって大事に自分のお皿にとっておいてました。

いつもまっさきに食べたいものを食べてしまう長男なのに、そのときは、楽しみをあとにとっておこうと自分なりに我慢(?工夫?)していたのが、お~、もしかしてちょっと成長したのか??と思わせてくれました。

でも、結局、ごはんやお味噌汁よりも先に食べていたみたいですが。(^^;)

次男も食欲は普段より落ちてはいましたが、つくねをよく食べていました。
[PR]
by naonaogon | 2007-02-07 15:33 |