温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2004年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

心の狭い私

わたしってやさしくないのかしら?了見が狭いのか。それともこれで普通??とちょっと悩ませるような出来事があった。
今朝、会社に突然訪ねてきた女の子(女性というより、女の子と表現したほうがぴったりくるような雰囲気の人)に対する対応の仕方について。

女の子「○○(会社の社員)さん居ますか?」
私「まだ来てないです」
女の子「(社長室を指さして)○さん(社長)は?」
私「まだ出張から帰ってきてません」
女の子「え?でも、昨日帰ってくると言ってた」
私「天候が悪くて1日延期になったんです」
女の子「?」

中国人かな?と思って、わたしのつたない中国語で説明すると
女の子「あぁ~!」

女の子「あの~、すみませんけど、ちょっと3万円貸してくれませんか」

私は、え~?突然そんなこと言われても、知らない人にそんなお金は貸せないゾ、と思って、
私「それはできないんですけど」
あ、でも、この人っていったい誰なのかしら?(それを最初に聞けよ、という感じだが)
私「あの、どちら様ですか?」
女の子「○○といいますが、○○(会社の社員)の妻です」
私「あ~!そうなんですか!(ちょっとびっくり!)」(とはいっても、やっぱりすぐにお金を貸すわけにはいかないし)

事情を聞くと、どうやらカバンをなくしたらしい。しかしどこでなくしたのか、はっきりしないようだが、病院でなくなった可能性が高いらしい。病院で聞いてみたのかとか、警察に連絡したか、などと聞いても答えはノー。カバンに入っていたお金などは彼女曰く少なく、貴重品も入っていなかったからカバンがなくなってもぜんぜん大丈夫、とのこと。
まぁ、それならカバンはしょうがないとしても、とにかく旦那さんに連絡をとった方がいいと思うので、電話をしてみたのか聞いてみると電話番号を知らないという。えー?なんで?なんか夫婦じゃないみたいだな、と思いつつ、後から考えると番号のメモとかはカバンに入っていたりしたのかな、とも思ったり。とにかく、わたしが旦那さんの携帯に電話をしてみるので、とりあえず待ってて、とお願いした。
ところが、電話をしても留守電だった。しかたないので、メッセージを入れたけど、もうしばらくしてから再度かけてみた。するとまたまた留守電。今度はメッセージにいれるのをやめた。と、まもなくして電話がかかってきたので、ひょっとして!と思ってとると、旦那さんだった!ほっ!助かった。今、会社の最寄の駅という。あの、奥さんが来てますよ。というとちょっとびっくりしたよう。そりゃそうだわな。彼女に旦那さんはすぐ近くの駅まで来てるから、とにかくどうぞ座って、と言った。ところが、遠慮して会社を出ていってしまった。見ると、エレベーターのところで待っているらしかった。
そして無事旦那さんが来て、ご対面(?)となったわけだが。
旦那さん「病院に行くけど、お金もってません」
と私に教えてくれた。

旦那さんと連絡がとれて会えたからよかったけど、もしなかなか連絡がとれなかったりしたら、どうしたかな。
まぁ、もう少し詳しく話をきいていくらかお金を渡していたかもしれないかな。

わたしって、ケチだから、お金の貸し借りってなんかしたくないんだよなぁ。よほど親しい人以外は。
彼女は、いちおう会社の社員の妻であるから、まったくよそ様の人というわけではないけど、わたしの対応は不親切とかちょっと冷たいな、と彼女は感じたのかもしれないなぁ。
中国人って、親しい人に対しては面倒見がいいというか、お金なんかも躊躇なく貸したりするような気がするんだが、どうもわたしはそこまでできないのだな。心が狭いのかなぁ。
[PR]
by naonaogon | 2004-05-28 14:17 | 仕事

こんなことってあるの?

以前から家のパソコンの調子が悪くなったので、
旦那とどうしようか、と相談したところ、修理に出すことに。
ま、相談とはいっても、わたしはじつは、新しいのを買ったほうが
いいんじゃない?と言ったけど、旦那がイヤ、修理に出そう!と
いって出したんだが。

家で使っているパソコンは初代iMac。
なので、もうわりと長年使っている方かな。

修理に出して、原因を調べてもらったところ、
なんと、意外な結果だった。

最初にiMacを購入したとき、増設してもらったメモリが
原因だというのだ。それがいつのまにか(OSをバージョンアップ
したりなんだかんだしたりしている間に)相性が悪くなって
しまった、というのだ。

それを旦那から聞いて、「え~っ!そんなことってあるの?」
と驚いた。メモリが不良品だったってこと?でも、いまさらそう
なってしまっても、保証もしてもらえないし、返品もできない。
ほんとうに「なんじゃそりゃ?!」だ。

iMacはメモリ増設してなければ、とんでもなく遅いし、
はっきりいって、使えへん~~!

結局、旦那は新しくメモリを買うことにしたんだと。
ま、新しくパソコンを買うよりはまだ安いけど。
[PR]
by naonaogon | 2004-05-27 16:49 | パソコン

息子が発熱

1歳の子ども、しかも保育園に入りたてのころは、とかく風邪を引きやすい。
今週、月曜日から息子は39度前後の高熱を出した。
25日の火曜は保育参観&保護者会の予定だったのに、
月曜からこんなに熱を出してしまっては、とうてい参加できそうにない。
保育参観や保護者会は仕事を休まなければならないので、
ちょっと面倒だなぁ、と思ってはいたけど、他のお母さんと
お話していて、楽しみに思えるようになっていた。

やっぱり当日は、相変わらず熱が高くて、断念。
あ~あ、残念だったなぁ。

今日、いつも朝よくあうお母さんに、「保育参観どうでした?」と聞くと
「面白かったですよ!」とのこと。あ~あ、ホントに残念。

月、火とわたしが休んで息子を看て、今日はもう熱は下がってきたけど、
念のため、ということで旦那に休んでもらって息子の世話をお願いしている。

娘も1歳のころは毎月のように風邪を引いたり、熱を出したりしていたなぁ。
しょうがないよなぁ。いくら気をつけていたって子どもをウイルスや細菌から
完全に遮断することなんて、不可能だもんなぁ。
[PR]
by naonaogon | 2004-05-26 14:54 | こどもたち

尻に敷かれる

取引先の中国人社長のお話。
彼は、福建省出身(たしか、そうだと思う)。奥さんは日本人。

うちの社長(中国人)がその取引先の社長の携帯電話で
話している内容が聞こえた。「○○(取引先の社長)さんは、
とてもまじめですから、奥さんにもらってきて、といわれたら
もらわないと納得しないんですが(笑)、銀行振込の場合は、
領収書がなくても大丈夫ですから。うちがお願いしている会計
事務所もそうですし、…はい、そういうことで。お願いします。
じゃぁ」

取引先の社長は、とても人がよさそうで、温和な感じがただよっている。

さっきの電話で、なんとなくこの社長は奥さんの尻に敷かれて
いるのかなぁ、と思ってしまった。いや、ぜんぜんそれが悪いこと
じゃなくて、まぁ、夫婦はたいがい奥さんの方が強い(というと
やや語弊があるか?)方がうまくいく、とかいうのを聞いたことが
あるから、いい夫婦なんだろうな、と想像できる。

もしかするとその社長さんの方が尻に敷かれているフリをして
いるだけかもしれないけど。

うちの場合はというと、どっちかというとわたしが尻に敷いている、かなぁ。
でも、旦那も賢く尻に敷かれているフリをしているのかもしれないな。
[PR]
by naonaogon | 2004-05-18 13:41 | だんな

息子の変化

今朝、保育園へ息子を預け、息子とバイバイするとき、
息子は泣かずに、保育士さんの方へと吸い寄せられる
ように歩いていった。

今まで毎日のように泣いていたのに、その成長ぶりに
ちょっとびっくり!さみしいような、うれしいような…。

保育園でたのしく過ごしているかな~?
[PR]
by naonaogon | 2004-05-17 14:06 | こどもたち

友人も妊娠中

この間、友人とのメールのやりとりで友人も妊娠中であることがわかった。
しかも予定日はお互いに近い!

わたしの妊娠は、まぁ初めてじゃないし、まだ初期といえる段階だったので、
友人らには公表していなかった。でも、予定日が近い友人には、「じつは、
わたしもなの~!」と告白。

その他の友人も出産したばかりとか、もうすぐ出産とか、妊娠中後期ごろ(?かな。
勝手な予想だが)とかいて、結構、妊娠ラッシュ(?)かも。

みんな無事に元気な赤ちゃんが産まれますように。
[PR]
by naonaogon | 2004-05-12 10:17 | いのち

娘の一言

昨日、保育園にこどもたちを迎えにいったときのこと。

娘が、「今日、お外でごはんたべた~い!(お外というのはレストランで、という意味)
だって、ママ疲れたから、ごはん作れないでしょ?」

わたしは、苦笑。
いやはや、もちろん、疲れている。
ごはんを作らずに済むんだったらそれがいいに決まっている。

でも、娘よ。
それじゃぁ、なんぼお金があっても足りんのじゃよ。

それにママの手作りも悪くないでしょ?
[PR]
by naonaogon | 2004-05-07 10:16 | こどもたち