温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


電車好きの長男が最近、図書館で借りてくる本は当然電車の絵本が多い。そして時間があれば電車の絵本を見ている。
絵本を見ながら少しずつ電車の名前を覚えている。ところがまだ舌足らずの長男がいう電車の名前はなかなか滑稽だ。たとえば「のりたへっぷする」→成田エクスプレスとか、「ふれっちゅったり」→フレッシュひたちなど。(笑)

ちゃんといえるものは、得意げに「ほら、見て~!阪急電車だよ」とか、「伊勢志摩ライナーだよ(ま、長男の発音を正確に書くと、いちぇちまらいなー)」とか、「あっ!500系のぞみ、500系のぞみ、これも500系のぞみ」などと指さして声を出している。わからないものがあれば、とにかくうるさい。「これなーに?」と聞いてくる。いや、聞いてくるのはぜんぜんかまわないのだけど、こっちが夕飯作りに忙しいときや、二男のうんちの処理をしているときなどおかまいなしに聞く。長男からすればわたしが何をしていようがもちろん関係ないのだ。でもこっちはゆっくり長男の相手をしている時間がない。仕事から帰ってくると急いで夕飯を作らねば就寝時間に影響する。遅く寝ると、朝子どもらの起きる時間が遅くなって「遅寝遅起き」という悪循環が始まるのだ。長男が「ねぇ、これなーに?」というのがわかっていながらもすぐに答えずにいると、「ねぇ、ねぇ、これなーに?」「ねぇ、これなーにってばー!ママァー!これなーに?」とだんだん声が大きくなる。
こっちは「あーん、もうっ!」と思いながらも、長男のところへいって相手をせざるをえない。相手をしていたりすると今度は二男がおなかがすいていてどうも機嫌が悪かったりする。「抱っこ抱っこ」とせがみ、これまた夕飯作りをさまたげる。
そんなこんなで何度も中断しながら夕飯作りが進むのである。中断させられるわりには長男はおなかがすいているらしく、「きょうのごはん、なーにぃ?はやくたべたいよーはやくつくってぇー!」というので、おまえのせいで作るのが遅くなっとんじゃ~!(-_-#)と思いながら、せっせと作らないといけない。夕飯はいつもこんなだから、モリモリ食べてくれる。その食べっぷりでわたしの努力は救われるのであった。ふぅ~。
[PR]
by naonaogon | 2006-01-19 12:15 | こどもたち
一年の計は元旦にあり。
今年はわたしの兵庫県の実家で迎えた。
紅白歌合戦は父がラジオをかけていたのでラジオで聴いていたけど、アリスが出てきて旦那が谷村新司を見てみたい、ということでテレビをつけて見て、結局それから「ゆく年くる年」まで見た。長男だけはお風呂から上がると眠くなったのでもう眠っていたけど、長男以外は12時を過ぎてから布団に入った。なので、朝起きたのはもうすでに日が高く上ってから。9時半くらいだっただろうか。

あ~、今年も早起きとは縁遠いのかしら。

しかし、実家は寒かった。すっかりマンションの鉄筋に慣れてしまったため、木造ですきま風がふきすさぶ家は寒くてしょうがない。われわれは2階で寝たのだが、夜中や明け方はもう吐く息が白いくらい冷えている。ぶるぶる。この年になると、あの寒さは体にこたえるなぁ。(><)別宅マンションに住んでいる弟も実家へ帰ってくるときは、防寒は万全だった。さすが、ようわかっとる。

今年はどんな年になるだろう。さらに忙しくなるだろうことは間違いない。でも家族が大きな病気せずに元気に過ごせるようにまず祈ろう。
[PR]
by naonaogon | 2006-01-06 15:48 | わたし