温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

薬膳の体験教室

先日、薬膳料理スクール(通信教育を受講しているところとは別のところ。こちら)に1日だけ、体験教室に参加しました。

本当は、4回ほど連続の教室だったようです。(そうとは知らず…でもいずれにしても都合がつくのは1日だけだったので、ちょっとのぞきに、という感じです)

わたしが参加した回では、「冷え性解消」のための薬膳として、身体を温める効果のあるものは、どういうものがあるのか、そして実際に温熱効果のある料理を作ってみて試食しました。

講義の時間は全体で2時間、うち、料理の時間が3、40分くらいでしょうか。(下ごしらえはすませてあったので、あとはカンタンに炒めるとか、調味料を入れて炊くなどをしただけです)

メニューは

えびとニラの中華風炒め物
紅花の炊き込み御飯
ジンジャーティ

でした。

a0014461_10224247.jpg
a0014461_1023297.jpg


身体を温める作用のある食物は、えび、ニラ、紅花、とり肉(たきこみご飯にいれてました)、ジンジャーです。

えびとニラの炒め物は中華風の粉末だしを使って、塩とコショウで味付けしたものです。(ほかに生しいたけも加えましたが、たけのこなどを入れてもよさそうですね)
紅花は水に紅花を入れて煎じ、その煎じた汁(しょうゆ色になります)を炊き込み御飯に使います。
ジンジャーティは、すりおろしたしょうがを煮出した紅茶の中にいれ、牛乳もいれて、さっと温めたらできあがりです。この日、糖分として羅漢果のキューブや黒砂糖を使いました。黒砂糖は身体を温めます。(白砂糖は身体を冷やします)。羅漢果は生の状態では涼性(体を冷やす)です。

(わたしにとっては)やや寒い冷房の中での講義でしたが、これらの料理を試食したあとは、身体が温まりました。とくに、ジンジャーティは即効性がありました。やはり生姜のパワーは効きますね。本当に身体がぽかぽかとしてきました。

冷房がきいている部屋で身体が冷え切っている人は、今は夏で暑いのですが、身体の内からあたたまるような食事をとったほうがいいと思います。「バランス」を保つためにも。

でも、よく考えると本末転倒ですよね。冷房で冷えすぎて夏なのに、身体を温めるような食物を食べるなんて。本来は、食べ物は四季(自然)にあわせて旬のものを摂るのがいいとされています。夏の旬のものは当然、身体を冷やすものが多いわけです。でも、冷え性になっているからと、身体を温めるものを摂らねばならない。

やはり冷房はしないほうがいいと思います。暑い夏を乗り切るために、旬の身体を冷やすものを摂取して、身体のバランスを整える、それでいいのではないでしょうか。

自慢(?)ではありませんが、わが家にはエアコンがありません。わたしもだんなも冷房が嫌いだからです。(さすがに扇風機くらいはありますが…しかし、それも主に子どものための食事をさますのに使っています)

冷房に慣れた人は冷房のない生活なんてありえない!と、拒絶反応をおこしますが、暑い夏が好きなわたしは、実に快適です。(逆に冬はストーブがない生活は耐えられないわたくしですが)

冷房のない生活をして、夏のおいしいもの(旬のもの)をたっぷり食べて健康になる、というのもオススメと思います。
[PR]
by naonaogon | 2006-08-30 10:45 |
(小学校の)夏休みも残りわずか3日になりました。
最後の最後にいい思い出を!ということで、近くで
ファミリーコンサートが開催されましたので、月曜の
夜でしたが、思い切って(?)行ってきました。

ボーカルでサウンドセラピストのAikaさん、ピアニストの稲垣達也さん、
ジャズバンドのたまみプランニングの出演でした。
コンサートなんて、いつぶりでしょう?やっぱり音楽って、
いいですね、本当に。自分もピアノが弾きたくなってきました。
今は、あまりゆっくり弾く時間がとれませんが、もう少し
時間に余裕が出てきたら、絶対にピアノを練習して、
好きな曲を思う存分弾いて楽しみたいと思いました。

Aikaさんの声もすばらしく、稲垣さんのピアノにもうっとりしました。
なんといっても楽しめたのがジャズバンド。ジャズが好きということも
ありますが、たまみプランニングの人たちがもう、それはそれは
楽しそうに演奏しているものだから、こちらも楽しくノリノリに
なってきました。こういうところが音楽の素晴らしいところですね。

コンサートの間は、日常を忘れることができ、楽しい時間を過ごすことが
できました。ありがとうございます。

この楽しい余韻を引きずって家まで帰れるともっとよかったのですが…。

機嫌が悪くなった子どもが若干一人(長男)。世の中、万事そううまくいくようには
できていないものです。ジュース、ジュースと騒いだので、仕方なくジュースを
買い、帰ってから少しごはんを食べさせました。そこまではまぁ、よかったのですが、
それからビデオを観るというので、今日はもう遅いから早くお風呂に入って
早く寝ないとね。などというと、納得しません(長男)。っと、ここでやっぱり
今日コンサートに行ったのが間違いだったか、などと後悔の念もかられたりして。
感情ってまるでジェットコースターですね。子どもとつきあうとこういうことは
しょっちゅうです。それでもそれでも、それはそれ。自分ももう少し我慢が
必要かなーと思いつつ、前よりは少しでも忍耐強くなったかなとも思うのです。
[PR]
by naonaogon | 2006-08-29 10:29 | こどもたち

今日のヘルシーお弁当

今日のお弁当です。

だいたい煮物は前の晩に作っておくのですが、
今日は残念(?)ながら作りおきなしで、
朝、頑張って作りました。
とはいっても、魚河岸揚げやさつまあげなんぞを使うと、
結構ラクチンです。

根菜煮物(レンコン、人参、魚河岸揚げ、いんげん、こんにゃく)
さばの味噌煮
プチトマト

ごはん
黒ごま
自家製梅干

とまぁ、いつもながらの純和食おべんとうです。

ごちそうさまでした!
[PR]
by naonaogon | 2006-08-28 15:28 |

野菜をたっぷりと!

ジェームス・スキナーの『成功の9ステップ』の本を読みました。

そこには健康について著者の考えも述べられています。
中医学的なこと(とくに「気」のこと)が否定されていたので、ちょっと複雑な気持ちになりましたが、健康についての著者の考え方は共感するものも多くありました。

人間にとって、健康が第一であること。
フレッシュな酸素と水分は一時も欠かしてはならないこと。
野菜や果物を多く摂取すること。
肉類はできるだけ控えること。

これを読んで、できるだけ野菜を多く摂れるような食事作りを心がけようと思いました。
近くには新鮮な野菜が手に入るスーパーもあります。
(とはいっても、買い物は1週間まとめて、なんですけど(^^;)

野菜を中心とした食事をしようとすると、根菜などの煮物のおかずが多くなります。
そして、乾物を利用したおかずも増えることになります。
もちろん、生の野菜も食べますが、これはそれほどたくさん食べられません。

今週は

さつまあげと根菜(人参、レンコン、たけのこ、干ししいたけ)の煮物
たまねぎとインゲンとじゃがいもとシーチキンの煮物
炒り豆腐(人参、さやいんげん、たけのこ、糸こんにゃく)
高野豆腐と干ししいたけの煮物
大根と小松菜の味噌汁
わかめとうずら卵とえのきのお吸い物

などなど作りました。

こどもたちはというと、とくに長男が「肉!肉!ニクが食べたい!」などと
うるさく言っておりました。保育園の帰り、ちょうどスーパーの横を通るのですが、
そこでやきとりを販売している曜日に、「やきとり、いつになったら買うの?」
「やきとり買ってよ~!」とこどもたちみんなでやきとりコール(?!)を強く
されてしまい、ついに負けました。

強く欲しいと願うと願いはかなう、というジェームズスキナーの主張が
その通りになる(^^;)ということを実証されたみたいなモンでした。

ただ、ちゃんと付け合せの野菜も食べると約束ね、ときっちり約束させた上で、
やきとりを購入しました。野菜もちゃんと食べないと、次からやきとり買わないよ、
なんて。(ちょっと脅しみたいですけど)

若いとやはり「肉類」を求めるのでしょうか。
こどもたちは野菜がきらいというわけではないと思うのですが、
あまり野菜ばかりで肉類を食べていないと肉類を求めるようになってしまうのでしょうか。

野菜を少しずつ多めにとるようになって、身体が少し軽くなってきたように
感じます。

野菜たっぷり生活って、健康維持のためにはいいと思います。
[PR]
by naonaogon | 2006-08-25 15:21 |

野菜中心ヘルシーお弁当

わが家では、野菜中心のメニューをいつも心がけています。
今日のお弁当のメニューは…

厚揚げとかぼちゃの煮物
いんげんとウインナー(無塩せき)のさっと炒め
きゅうりの酢のもの
トマト

ごはんには自家製の梅干を入れ、黒ごまをふりかけました。

画像がないのがさみしいですねー。
そろそろデジカメ買おう!
[PR]
by naonaogon | 2006-08-25 14:44 |

生と死を考える映画2本

結婚記念日ということで、だんなと久々にデートをしました。
この日のコースはスイーツフォレスト→薬膳ランチ→香港映画です。
(こどもたちは保育園と学童(^^)

まずは、自由が丘のスイーツフォレストへ。一度行ってみたいと思っていたからです。
そこはスイーツのお店のテーマパークのようになっていて、購入して自由席で食べる
ことができるようになっています。最初に「もちシュー」というシュー生地がもちもちした
食感でできたシュークリームを食べてみることにしました。味は、というとまぁ、普通です。
それからスフレのお店へ。このスフレのお店は席が決まっていて、入店して注文してから
初めて焼き始めるというこだわりのお店でした。焼き上がりまでは15分程度ですが、
その間、席を離れないでください、という注意書きまであります。
テーブルの上にはスフレの食べ方まで図解入りで解説してあります。まっている間は
それを見ながら予習(?)。こだわりのお店だけあって、ここのスフレはなかなかのものでした。
でも、ちょっとお値段が高めかなー。バニラを注文しましたが、¥1,050だったかな。
それから、イチゴのミルフィーユをサクっと食べて、最後に中華デザート(わたしは杏仁豆腐、
だんなはオーギョーチ)でさっぱり終了。
すべてだんなと仲良く半分ずつ、いただきましたが、お昼だというのに、お腹いっぱい。
当たり前ですよね。甘いものを食べてお腹がすくわけありません。(^^;)
映画の上映時間のこともありましたが、だんなが最近通っている中国整体・鍼灸治療センター西安で教えていただいた「食」に関する教えに従って、甘いものは午前中に食べるのがよいということで、スイーツフォレストへ行くスケジュールを午前中にしたとのことです。

でも、お昼は薬膳料理のお店へ行くことに。虎ノ門パストラルの中国料理天壇へ。だんなはランチ薬膳セットを、わたしはその日のランチメニュー(貝柱と黄ニラのさっぱり塩炒め)を注文。だんなのランチ薬膳セットは、やはり夏野菜(身体を冷やす野菜)が豊富に使われたメニューでつゆそばのつゆはプ~ンと何か漢方らしき(?)香りがしました。わたしが注文したメニューもスイーツをたくさん食べたあとでもあまり胃にもたれないさっぱり系の味付けでおいしくいただけました。デザートにはプリンがついていましたが、スイーツフォレストのスイーツよりも何だかおいしい気がしたのは、気のせいではないかも。(苦笑)

たっぷりと食べて、日比谷のシャンテシネへ。行列していましたが、観ようとしている映画は席が確保できるようなのでほっとしました。ほんの少しですが、上映時間まで時間があったので、日比谷公園へ散歩へ。思い出ベンチなどを見ながらぐるっと公園を一周し、映画館へ戻りました。このお散歩のおかげでほんの少しお腹がこなれてきました。(^^)
観た映画は「愛と死の間で」。結婚10年を迎えた私たちが観るより、恋人同士が観るというような映画でしたが、生きることと死ぬことを考えることができた映画でした。日本で仕事をすることになり、そのシーンもちょこっと出てきたのですが、それがなんともとってつけたようで、この映画の雰囲気をぶち壊しているんじゃないか、と思えました(苦笑)が、まぁ、それには目をつぶって、愛と死と生をテーマにした映画ということで、楽しむことが出来ました。

そして、先日、こどもたちを連れて、「ゲド戦記」を観に行きました。こどもたちは隣の部屋で上映しているポケモンがいい!などと言っていましたが、(もちろん!)我々親が観たいというのと、ジブリ映画は長女も好きだから、というワガママな理由で、ゲド戦記を無理矢理(?)観ました。長男と二男は、音にびっくりしたのか、前の花火ではないですが、コワイコワイといってママやパパにしがみついて結局ほとんど観ていませんでした。

ゲド戦記も生と死をテーマにした物語でした。テルーの歌は美しかったですね。涙をさそうくらいに。この世に「永遠の命」なんてないから、生あるものはいつかは必ず死ぬのだから、どう生きるか。最後にアレンが生きていくことの意味がわかったときに、自信に満ち溢れた表情は素晴らしかった。もう一回、観てみたいなぁ、ゲド戦記。
[PR]
by naonaogon | 2006-08-23 14:57 | 外出

中国での採用人事

こちらでは、あまり仕事のことを書きませんが、
ちょっと会社の宣伝。

中国で、日本よりも圧倒的に多いのが、転職です。

それは、中国の会社の雇用形態がそもそも日本と
違っているからだそうです。

中国では、日本でいう「契約社員」のようなものが
普通です。人によって、年数はそのときの協議で
決まります。

そういう「契約社員」だとしても、簡単に転職されて
しまっては、会社としても悩ましい問題です。

とくに中国に進出した日系企業が悩ませている
問題が人材の問題のようです。

それを解決するのが、適性検査CUBIC-ASP中国版
(株式会社AGP行動科学分析研究所)
です。
(中国版は、わが勤務先の中国の子会社が
協力して開発しました)

この適性検査を導入すれば、中国の優秀な人材確保や
人材活用に役立つことは間違いないと思います。
[PR]
by naonaogon | 2006-08-10 12:57 | 仕事
日曜から長女と長男は祖父母の家にお泊りしています。

いつも3人兄弟、にぎやかですが、祖父母の家に二人を預けて、二男だけを
連れて帰ってくると、やけに静かに思えます。

お兄ちゃんたちがいないと、二男は、ママ独り占め状態になりますが、
だからかえってなのか?ママにべったり。

昨日は朝食の時間は、何かというとすぐに「ぱいぱいっ!」といって、
おっぱいをおねだりして、朝食を食べるどころじゃありませんでした。

一人だから食事もすぐに終わるかと思えばそう簡単にはいかないのでした。

保育園へ連れていくのも、抱っこが多く、こちらは朝からへとへとです。
(もう二男は結構重い。10キロ以上はあるかも?)

保育園から帰って、さぁ、ご飯の支度をしなくちゃ!と思っても、またまた抱っこ。

あ~、こんなとき、長女や長男がいてくれたら、一緒に遊んでくれるのになぁ、なんて
思いながら、しかたなく「世界の車窓から~中国鉄道」というビデオを見せるという、
あまり好ましくないテを使ってしまいました。
ひとり、ぽつんとすわって見てた姿がちょっと寂しそうでした。

こどもが二人以上ほしいな、と思った理由の一つが、やはり兄弟で遊んでくれる
ということ(ケンカの方が多かったりするけど)かな。

親と子が一対一でべったりだと遊び相手ができる余裕のある時間ならいいけど、
いつでもそんな余裕があるわけではありません。兄弟がいれば、けんかも多いけど、
兄弟同士で遊んでくれるので、ラクになります。子どもが増えるとその分大変に
なるだろう、と思われるかもしれないけど、その大変さは一人から二人になったから
といって2倍になるわけではないようです。せいぜい1.5倍でしょうか。三人になると
どうでしょう、1.7倍くらいでしょうか。

三人目からは(経済的に余裕はないけど(^^;))、子どもを育てる上ですこ~し余裕が
でてくるので子ども自身のかわいらしさを堪能できるようになりました。

あ、少々話しがずれてしまいましたが、祖父母に上二人を預かってもらって、
逆に大変になった、というわけでもありません。長女は学童に通っていますので、
夏休みは毎日お弁当もちです。そのお弁当作りは少しお休みをいただけたので、
大変助かっています。長女も長男も祖父母に思いっきり甘えてきっと、楽しく
過ごしていることと思います。
[PR]
by naonaogon | 2006-08-08 13:25 | こどもたち

花火大会!

今年、わが家も夏の納涼を堪能しました。

年に一度の花火大会を見に行きました。
これまで子どもを一人つれ、二人つれて2回見に行きましたが、
三人つれていくのは初めてでした。末っ子の二男も1歳半すぎたので
当然大丈夫!と思っていったのですが…。

スピーカーから遠かったためか、始まりのアナウンス(そんなのは
あったのかどうかもわかりませんが)がわからなかったので、
突然、爆音(のようだった)とともに始まったので、長男と二男は
もうそれはそれはびっくり仰天してしまって、大泣きしてしまいました。

それからなんと終わるまでずーっと「コワイ、コワイ」「はやく帰ろうよぉ!」と
長男は目をおさえて、二男はわたしにしがみついて花火に背をむけて
連続した花火があがるたびに泣きながら訴えていました。(それでも子どもの
訴えを無視してしぶとく最後まで見るなんて、オニ親でしょうか?)

ちょっと刺激が強すぎたようです。

長女はきれい~☆と嬉しそうでしたけど。
(長女も2~3歳のときは泣いてましたが)

小さいお子さんを連れていくときは、気をつけてくださいねー。

#来年は大丈夫かなぁ~?
(長男に来年も行こうね!と次の日にいったら、あっさり「イヤダ!」といわれて
しまった。来年の夏になるころは行くといってくれるだろうか…ちょっと不安)
[PR]
by naonaogon | 2006-08-07 13:40 | 外出

成長が嬉しい!

1歳の末っ子二男のことです。
食事中の方、大変失礼します。

昨日、保育園から帰ってきて、玄関でおむつをさわるので
「おしっこでた?」と聞くと返事がありません。

うんちかなと思いながら、とにかく靴をぬがせようか、と思って
玄関にすわらせようとしたら、すんなりすわろうとしません。

「うんち?」と聞くと、
「うーん!」とニッコリ(わかってくれたんだっ!という顔をして)していいました。

そっか、うんちが出たから座りたくないわけね、納得しました。
ちらっとみると、少し出ていました。本人がしきりにトイレを指差すので
あー、はやくきれいにしたいよねーと思って、たったまま靴をぬがせて、
トイレに直行しました。

そーっとおむつをぬがせて、おしりをふいて、便器にすわらせました。
おしっこでもでるのかなー?まねっこだけかなー?と思っていたら、
そのうち「うーん」ときばっていたのでのぞくと、なんと!うんちをしていました。

すご~い!もうトイレでうんちができるようになっている!感動しました。(といっても
偶然かもしれませんが)

じつは、長男は日中、おむつはほぼとれていますが、まだトイレでうんちが
できません。(長女もおむつはずれは4歳くらいでした)

二男はおむつはずれが早いかもなぁ、と思いました。

1つ1つ子どもが成長していくのは嬉しいものです。
[PR]
by naonaogon | 2006-08-04 14:35 | こどもたち