温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

メモ



柳生経営塾
http://www.maxvision.jp/ykj/index.html
[PR]
by naonaogon | 2006-11-30 17:01 | 起業
大連人材招聘大会

かねてから準備してきたこちらのイベントは、昨日、大盛況のうちに終了しました。

果たして人が集まってくれるか、と少々不安でしたが、予想以上に来場者が多く、ほっとしました。

また、当日のNHKの7時と9時のニュースや翌日(今日)の朝のニュースでも報道されたようで、かなりいい具合に注目されているようです。

こちらが注目されている、というのは、2007年問題といわれる、いわゆる「団塊の世代」の方々の活躍の場が中国大連にあるという点です。

まだまだ社会貢献のために働きたいシニア世代と、経験豊富な日本人(とくに技術者など専門分野を有している人)を求める中国企業がマッチングしているようです。

今朝もNHKのニュースを見たと問い合わせの電話が何件かありました。

何か役に立ちたい、必要とされたい、そういうもの(つまり生きがいでしょうか)を求めるのが、人なんですね。
[PR]
by naonaogon | 2006-11-22 17:57 | 仕事

帯状疱疹と溶連菌

次男が帯状疱疹にかかりました。(もうほぼ治りました)
過労とかストレスでなるんですよ、なんて医者にいわれましたが、
次男が過労とストレス!?ないやろー、と思いましたが。(お医者さんも
ちょっと笑ってました)

大人が帯状疱疹になると、痛みもあったり、大変らしいのですが、
子どもがかかると比較的軽くすむそうです。
そのコトバ通り、薬を飲んで順調になおりました。

なおってきた、とほっとしたところで、長男が溶連菌にかかってしまい、
あらららら。

しかし、溶連菌も抗生剤がよく効くので、2日ほど休んで、今日から
保育園へ登園できました。(仕事が休みづらいので、昨日は、ファミリーサポートを
利用して預かっていただきました)

おとといは長男と久々の2人っきりだったのですが、一緒にお買い物にいったとき、
ちょっと陳列棚がゆがんでいたので、それをみた几帳面な長男は、これ、ゆがんでるよ、
といってきちんとまっすぐになおしてました。お店の人みたいです。(*^^*)
そんな長男って、おもしろいし、かわいいです。
[PR]
by naonaogon | 2006-11-16 18:09 | こどもたち

学芸会

先週の日曜日は小学生の長女の学芸会でした。

はじめての学芸会なので、親のわたしもワクワクドキドキ、楽しみでした。
毎年やるのかと思いきや、学芸会が近くなってからの案内状には、3年に
一度と書いてあって、ちょっと残念!ですが、でも準備や練習することを
考えると先生たちも大変なんだろうなぁ(親もいろいろと衣装の
準備の協力などもあるようなので、親も大変!か)と思い、まぁ、3年に1度でも
仕方ないのかなぁ、と思いました。
(でも、回数が少ない分、また親の方のビデオ撮影合戦(?)も激しかったり。
学校側ではビデオ撮影の場所を指定していますが、親の方はこっそり(堂々と?)
席に座って撮っていました)

1年生の長女たちが演じたのは「ドロップスのうた」という劇でした。
なかなかかわいらしい劇でした。みな、声も大きく、上手だったと思います。

その後、3年生と5年生の劇を観賞しました。当然、学年が上になるほど、ひとりひとりの台詞も長くなり、演技力もあるので、見ごたえがありました。本当は、すべての学年を見たかったのですが、とくに長男が「まだ帰らないの?」としきりに言うし、前半後半で席の総入れ替えがあったので、会場を出たときに帰ることにしました。その日は雨降りで、また並んで入るというのも結構面倒だったのです。

この席の総入れ替え制は、もう少しよい方法がないものか、と思いますね。会場は体育館で、全校生徒の保護者らがおそらく一度に入りきらないという問題もかかえていることも一つの要因だと思います。

だんなは近くの区の施設を使わせてもらえば!なんていってましたが、そうしてもらえると実にありがたいですが、なかなか難しいんでしょうねぇ。

3年に1度ですから、今度は長男が入学したときです。その次は、えーっと、、次男が2年生になったときかな。べつにいつになってもいいのですが、次はいつの予定だろう?と考えてしまいました。(^^)
[PR]
by naonaogon | 2006-11-15 16:50 | こどもたち
いま、読んでいます。

マルクス主義者なので、資本主義社会はいずれ破滅するというような
内容が節々で書かれてあるので、それについては賛同できないところが
ありますが、彼の主張する「ゼニの教育」の重要性には、とてもうなずけます。
関西弁の語り口で書いてあるから、また関西人のわたしは読みやすい!

一見相反しそうな(資本主義だからこそ、金持ちになるチャンスがあるのだ!という)
「金持ち父さん」シリーズの本と比べても、「お金の教育」は重要という主張は同じだ。

ほんとうに子どもに対するお金の教育って、大事だと思う。

こりゃぁ、わたしがお金について、小学生向けにわかりやすい本を書くしかないな、
なーんて、思ったりしてね。(笑)
[PR]
by naonaogon | 2006-11-13 15:11 | ほん

夢をかなえるためには

昨日、mixiで知り合った方とお会いして、楽しいひとときを過ごすことができました。
ありがとうございます!のぞみんとん!

自分の夢についてもっと現実的にもっと具体的に考えられるようになった気がします。

そして、女性企業塾のメルマガの質問コーナー(11/9現在の回答)に出ていた内容が実にタイミングがよく、わたしの悩みでもある答えが載っていました。(わたしの場合、出産ではなく、育児といったほうがいいかもしれません)

質問は、
***********************
女性が起業する場合、結婚、出産は大きな問題になって来るので、多くの女性が、同じように悩んでいると思います。
***********************
起業と出産について、アドバイスを求めたもので、

答えとして、

***********************
自分が実働しなくてもよい仕組みをつくる
何かを選ぶのではなく、どうやって、全部やるのかを考える
***********************

とありました。

うまい仕組みを考えればいいんだ!
なるほど、欲張りでいいんだ!(わたし流解釈)

すごく自分を肯定されたような気がしました。
とはいっても、わたしはまだいい仕組みを考えていませんが。(*^^*)

でも、この考え方は金持ち父さんシリーズに通じるものがあります。

お金がないから、買えないというのではなくて、
お金がなくても、どうやったら(お金を稼いで(作って)、またはお金がないままでも、
何か手段を講じて)買えるのかを考えることが大切

できない言い訳を探すのでは進歩がないですよね。
どうすればできるのか、常にそれを考えて前に進みたいと思います。
[PR]
by naonaogon | 2006-11-09 13:54 | わたし

クッキーを作りました!

この間、友人たちへ感謝の気持ちをこめてプレゼントしようと思い、クッキーを焼きました。

a0014461_16331939.jpg


なかなか好評でしたよ。

とくに長女はおいしいおいしいとよく食べていました。

作り方は、これもカンタン!

基本の生地
A.冷えた状態の食塩不使用バター 50g
B.小麦粉            1カップ
C.砂糖             70gくらいだったっけ?
D.卵黄             2個

これをフードプロセッサーで混ぜます。順序はA+B+CをしてからDを加えます。
その生地はやわらかいので、冷蔵庫で冷やして使うと扱いやすいですよ。
型抜きクッキーをつくるときは、生地をのばしてから冷やし、冷えているところを
型抜きすれば、美しい!クッキーができます。

オーブンは180度、焼き時間は約15分です。
[PR]
by naonaogon | 2006-11-08 16:43 |

娘と同じお弁当

a0014461_16313587.jpg

長女が小学校がお休みで学童へいくときにつくったお弁当です。

おでん(前日の残り)



海苔をはさんで焼いた卵焼き

ごはんにはゆかりのふりかけ

以上、カンタン!約10分で完成できるお弁当でした。
[PR]
by naonaogon | 2006-11-08 16:31 |

次男のコトバ

次男のコトバが面白い時期です。

いつも思いますが、このコトバが少し出てき始めてきた時期というのは、ほんとうに面白く、不思議で、この上なくこどもを愛おしいと感じさせてくれますね。

次男のコトバはまだほとんど1文字で、最後の文字がコトバになることが
多いです。

アンパンマンの紙芝居を読んでいたときのこと。からすが出てくるところで、
「パンをくれないかぁ、かぁ」というようなからすのせりふがあります。

その「かぁ、かぁ」のところがなぜかお気に入り(?)で紙芝居を読んで、
からすが出てくる場面になったら、すぐ「かぁ、かぁ」と何度も言ってました。

アンパンマン、バイキンマン、しょくぱんマンなどは、みんな「マ」もしくは「マン」

おつきさまは、「ま」

バスは、「す」

くるまは、「ま」

扇風機は、「き」

なっとうは、「と」

ぼうしは、「ち」(「し」といっているつもりだが、どうも「ち」に聞こえる)

赤は、「か」

おふろは、「ろ」

ねんねは、「ねんね」

ボールは、「る」

あっちは、「ち」

ダメは、「メッ!」

スプーンは、「プーン」

ぎゅうにゅうは、「にゅ」

などなど

ももたろうに出てくる、おおきな桃は、はっきりと、「もも」といいます。
そして、2語文も。「もも、き!」(翻訳注→「もも、おおきい」)

次男もこれからどんどんしゃべれるようになっていくと思います。
とても楽しみです。
[PR]
by naonaogon | 2006-11-08 16:16 | こどもたち
次男が2歳になりました!

3人のなかでは一番たくましく育っています。(そうならざるを得ないの
だろう、おそらく(^^;)

誕生日は平日だったので、ちょっと早めですが、休日にケーキを買ってきて
お祝い(といっても、みんなで歌って食べるだけですが(*^^*))しました。

保育園のお誕生会で歌う歌を歌って、おめでとう~!!パチパチ!

プレゼントはまだありません。(もう少し大きくなったらね。)

そして、みなお待ちかね(?)のケーキタイム。ホールのケーキは3歳デビューに
しているので、みな各自好きなカットケーキを選んで買いました。次男は選べなかったので、
ママが選択。

が!

これが誤った模様。食べさせようとすると、首を横にふってイヤイヤして食べようとしない。

長男と長女は同じチョコレートケーキを選んだのだが、次男はそっちを指差して半泣きの顔を
している。

あ~あ、そっちがよかったのか…がっくし。

やはり兄弟みな同じものをそろえるべきだったってことか??

結局、次男は、長男が残したケーキ(下にひいてあったクッキーにチョコが少しついていた)を一口食べただけで、おしまい。

でもって、次男用に買ったケーキはというと…ママとパパで食べてしまいましたとさ。ラッキ~?!
だって、残しておいてもしょうがないし、長男と長女はチョコレートケーキしか食べないし。

ごちそうさまでした。
[PR]
by naonaogon | 2006-11-08 16:00 | こどもたち