温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

北極しろくま堂では、スリングや抱っこひもなどを販売しているそう。

抱っこひもはもう3人のこどもたちが使ってぼろぼろになってしまったので捨ててしまいました。もう必要ないな、とも思っていたし。

抱っこひもは購入しないとと思っていますが、スリングは迷っています。抱っこひももスリングも両方買うともったいないかな、とか。たぶんもう4人目で子どもは最後だろうしなぁ。もちろん、使用後にどなたかもらっていただける方がいればお譲りしてもいいのですけど。

スリングは抱っこしながら授乳できるというのが一つの魅力かなと思います。抱っこひもの縦抱っこでは赤ちゃんの顔の位置がおっぱいの部分と一致しないのでできません。なにも支えがなしで抱っこしながらの授乳はこちらの腕が疲れてしまいます。一度、東京ディズニーランドへ出かけたときに順番待ちしているところで次男に授乳しなければならなくなってしまったことがあって、とてもしんどい思いをした経験があります。まぁ、外出しての授乳というのはそう頻繁にないかもしれませんが、でも外出しても授乳が気軽にできるというのは、授乳期の赤ちゃんをもつ親にとっては結構重要なポイントだと思います。

タートリーノという抱っこひももいいなぁ、と思いますねー。使いやすそう。

授乳服は次男のときから利用しているモーハウスのがお気に入りです。ここの授乳服はほんとうによくできています。わたしはあまり母乳がたくさん出るほうではなかったのですが、モーハウスの授乳服を着ていると気軽にいつでも授乳ができるので頻繁に授乳でき、母乳が当社比(じゃなくて、当人比か)で50%増しくらいでよく出るようになったと思います。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-26 17:52 | こどもたち

心の展覧会

…というステキな展覧会に参加してきました。メンタルヘルス協会の元受講生が企画したもので、mixiの衛藤先生のコミュで開催予告がされていてからずっと気になっていました。気になってはいたものの、コミュでは場所がどこか記載されていなかったのでどうなったかなぁ~?と思っていました。

メンタルヘルス受講生の東京95期(参加者は95期に限りませんが)の懇親会でその「心の展覧会」の開催概要(HP)を印刷したものをもっていらっしゃる方がいたので、その用紙をいただき、馬喰町で開催されることを知りました。ずーっと気にしていて行きたいなーと思っていたら、たまたま教えてくれた人がいたので、これってもしかすると「トランスパーソナル」かも~??と思ったりしました。(^^)いや、もちろん、その人に出会っていなくても最終的に自分から問い合わせるか、調べるかしたかもしれませんが。

馬喰町なら家からわりと近くなのでラッキーでした。

とはいっても土曜日は基本的にお掃除デーなので家の掃除を済ませてから出かけたので、展覧会に着いたのはもう終盤近くでした。

受付で大人2枚のチケットを購入して、子どもたちは無料ですが記念にバッジをもらいました。チケット1枚につき、くじ引きが1回できましたので2回のくじ引きは長女と長男がしました。どちらもはずれでしたが、残念賞(参加賞?)には飴をもらいました。子どもが3人いたので、1人おまけで子どもたちそれぞれ1つずつ飴をもらいました。入って左の方では手作りできるブースがありますよ、と教えていただき、左へ向かいました。そこでまず、折り紙に願い事を書いて鶴(千羽鶴)を折り、京都の鈴虫寺(華厳寺)に納めるとその願いがかなうという鶴を折りました。その間、長男や次男は待っていましたが、飴をなめておとなしくしていました。だんなとわたしと長女の3人でそれぞれ願い事を書いて折りました。わたしの願い事は、足ツボマッサージが上手くなりますように!です。来週一週間かけてみっちり教えてもらうので頑張りたいと思います。

それから次へ向かったところは、トイレ。トイレから戻ってきてから、長女にアイロンビーズはどう?と勧めるとやりたいというので、じゃぁやってみようか!といって参加しました。長男はあまり気がすすまないようでしたが、長男の好きなものも作れるよ!などというと少し興味を示して、そのテーブルにようやく座りました。次男もまったくすわろうとせず、「いかない!」といっていてわたしがそこに座るのも「いっちゃだめ!」といってわたしにしがみついていましたが、「お母さんもやってみたいなぁ~、面白そうだなぁ~、次男の好きなのも作れるよ。何がいい?」などと一生懸命話しかけているとようやく「しょうぼうしゃつくる、すわる」といってくれたので参加できました。

長女は虹をつくるといって一生懸命作っていました。だんなは消防車を作っていました。わたしも消防車を作ろうとしたのですが、下の台が円型だったので上手くつくれず、断念して四角い台で今度はお花を作ろうと試みていました。長男や次男はビーズをお皿にざざざーっと移し変えることが面白かったようで、ほとんど最初から最後までその移し変えをしてケタケタ笑ってとても楽しんでいました。あまりにも楽しそうに笑っているので散らかるのですが、あまり厳しく怒る気にもなれず…。それでも最後には片付けようね、といって片付けさせて終わりにさせましたが。わたしは結局、作っていたお花は次男に壊されて、何も作ることができませんでしたが、長女は虹を、だんなは消防車を美しく完成させ、記念に持ち帰りました。

このアイロンビーズはボーネルンド社で販売している正式名称ハマビーズ というものだと出展者の方に教えてもらいました。そうそう、このボーネルンドで販売しているおもちゃっていいものが多いんだよなーと思って、納得。

もうアイロンビーズを作ったらもう展覧会の終了時間に近くなっていましたが、ちょっと最後に一回りして帰ろうか、ということで最後にぽんちゃんカフェでクッキーとお茶をいただきました。手作りクッキーはなぜか長男と次男は食べませんでしたが、わたしとだんなと長女でおいしくいただきました。サクっとしていて甘さ控えめで心がほっとするようなやさしい味でした。

心の展覧会は子どもたちやだんなに好評で行ってよかったな、と思います。こういう居心地のいいところへいくと本当に気分がよくなりますね。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-26 11:04 | 外出
★健康保険出産育児一時金支給申請は事前申請ができる。出産予定日の1ヶ月前から申請できるとのこと。1児につき35万円。社会保険庁から直接医療機関へ振り込まれる。
母子手帳のコピー(表紙と出産予定日が書かれてあるページ)が添付書類として必要。
社会保険庁に申請。

★出産手当金 これはすなわち産休の間、支給されるもの。
 医師または助産師の意見書
 事業主の証明
出勤簿のコピー 初回請求時のみ
賃金台帳のコピー
が添付書類として必要。
育児休暇に入ってから申請する。たとえば出産日が8/20だったとすれば
11月に入ってから申請できる。賃金台帳&出勤簿は7,8,9,10月の4ヵ月分が必要 。
社会保険庁に申請。

★育児給料基本給付金 これは育児休暇のときに支給されるもの。
 母子手帳コピー(出生届けのページ)
 賃金台帳
 出勤簿
 出産育児一時金支給申請の控えなど
が添付書類として必要。
育児休暇に入ってから4ヶ月の間に受給資格確認と初回の申請を同時にする。
たとえば出産日が8/20だとすれば
翌年の2月末までに書類を提出。
2ヶ月単位で申請なので、初回は10/16-11/15と11/16-12/31までの分が
申請できる。それを2月末までに申請。
その次は1月、2月分を4月末までに申請、、3月分を6月末までに申請、、となる。
初回は管轄のハローワークの窓口まで行ったほうがよい、とのこと。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-18 17:39 | いのち

天丼っていうのはねっ!

日曜日の夕飯は天丼を作りました。いや、「天丼」というのは、正しくないか。正しくは、かきあげ丼です。

子どもたちにはあまり天丼は食べさせたことがありません。家ではそう頻繁に天ぷらを作らないということもあるし、あまり子どもが好んで食べてくれるものでもないからです。

でも、昨日は久々に小さめですが海老を買ったので、天ぷらにして食べてみようと思ったのです。

そこで天丼にしよう!と思ったのですが、他の野菜などとも一緒に揚げたら彩りがきれいになるだろうと思い、かきあげにしてどんぶりにしようと考えました。

写真を撮るのを忘れてしまったのが残念ですが、海老とたまねぎ、ソラマメ、しめじをかきあげにしたので彩りはきれいになりました。

天ぷらをつくっているとき、長男がやってきて、今日のごはんはなに?と聞くので、天丼だよ、と思わず答えてしまったのが失敗の始まりでした。

アンパンマンには「てんどんまん」というのが出てくるのですが、長男はその天丼を想像したらしく、それとは大違いのかきあげを見て、「えー、なにこれ~?ソラマメやだー!食べない!」と言ったのです。おいしいよ~!おまめさんも甘いし。などと言ってもぜんぜんダメ。

そしてさらにこれは「天丼じゃないよ!てんどんまんはもっと大きなエビだけなんだよっ!お野菜食べない!」といわれてしまいました。

出来上がったかきあげ丼を見るやいなや「トーマスのパズルするっ!」といってご飯をたべようともしませんでした。しかたないのでわたしやだんな、長女が先に食べていましたが、パズルのピースはビニール袋に他のパズルのピースといっしょくたに入っているのでそれを探して分けてほしいといって、今度は泣き出しました。次男も夕方寝ていてちょうどそのころ起きたのですが、ぼーっとしてすぐにご飯を食べる態勢ではありませんでした。パズルするー!!とわめくので、しかたなくパズルのピースを探してやると、次男も一緒にパズルをしたがって、結局家族でパズルのピースを分けたり、長男や次男にその間にご飯を食べさせたりしました。

長男は食べない!といっていましたが、食べさせると最後まで食べてくれました。ソラマメを食べさせようとすると口を閉じて食べたくない!といいましたが、お願い!甘くておいしいよ!などとなだめすかして食べさせました。次男はまぁまぁもりもりと食べていました。

寝る前、長男はアンパンマンの絵本でてんどんまんがのっているページの部分を開いてわたしのところに見せにきました。「ほらっ!てんどんマンはえびだけなんだよ!」

(^^;)はいはい。わたくしが間違っておりました。でも、お野菜もはいっている天丼もあるんだけどなー。夕飯に作ったのは、「かきあげ丼」だったけど。
やなせたかしさん、てんどんまんにはエビだけでなくお野菜の天ぷらも入れてくださーい!たのみます。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-16 16:42 |

子どもたちだけでお風呂

昨日、のどが痛みました。やばいやばい。妊娠中なので風邪がひどくなると辛いのです。妊娠してなくてもなるべく薬は飲まずに治そうとするので、服薬できないことが辛いとは感じませんが、妊娠中は普段より精神的体力的ともにしんどくなるかなー。

昨日の夕食は根菜たっぷりの味噌汁とほうれん草のオープンオムレツを作りましたが、とくに次男が食べるのが遅くて参りました。(オムレツにいれたコーンがどうも嫌いだったようです)もう早くお風呂に入って寝たかったので、次男が食べ終わるのを待てなくて先にお風呂に入らせてもらいました。長女に次男にご飯を食べさせて弟たち二人をお風呂に入れて、とお願いしました。

歯磨きがきちんと仕上げ磨きできないことと子どもたちだけだと時間がかかって寝るのが遅くなることがちょっと気にかかりましたが、本当にしんどかったので、悪いけど先に休ませてもらいました。でもおかげで、のどの痛みは昨日よりましになりました。

3人は無事お風呂に入れたようです。でも寝たのは11時ごろだったようです。だんながちょうど帰ってきたところで、子どもたちだけが起きていたので驚いたようでした。

長女に感謝しないといけないなぁ。ありがとう。でも、もうこれで自分たちでお風呂に入れるね~!きちんと洗えたかどうかはわかりませんが、子どもたちに任せてやらせてみるのもいいかも。ただちょっと次男の年齢ではお風呂でおぼれる危険もあるので、ちょっと危ないかな。

次男は長女にご飯を食べさせてもらったけど、なかなか食べないので「食べなさい!」と怒られたようで、次の日の朝(つまり今朝ですが)起きたとき、不機嫌でいつも「おねえちゃんちゅき☆」というのに、すごい怒った顔をしてお姉ちゃんのことをにらんでいました。「おねえちゃん好き?」と聞くと、「ううん!」と首を横にふっていました。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-13 17:56 | こどもたち

テレビのない生活

いや、テレビはあるのですが、少し前よりテレビが映らないようにしました。

その理由は、長女がテレビを見ながら学校の宿題をしていたからです。

わたしとしては、教育に厳しくするつもりはまったくないのですが、学校で出される宿題くらいはきちんとやってほしいな、と思っています。4月から小学2年になったばかりで、これまで宿題は決して多くはなかったと思います。その少しの宿題をするのにもテレビを見ながらするというのは、よくない!せめて宿題する間だけでも集中してやってほしい、と思うわけです。

平日、わたしは仕事をしているので、家に帰るのは午後7時ごろになります。長女は学童へ行ったり珠算教室へ行ったりしますが、わたしよりも早く家に帰るのでテレビをつい見てしまうわけです。すべてやるべきことをやってからテレビを見るのであれば、それはまったくかまわないのですが、宿題をしながら、とか、明日の持ち物の準備がまだできていないのにテレビばかり見ているとかいう習慣がつきつつあったので、ここでストップをかけておかないとまずいのでは、と思いました。

最初、見られなくしたのはテレビだけでビデオ(いまだにVHS)は見ることができていましたが、結局ビデオも見ながら勉強となってしまったので、ビデオも見られなくしました。ビデオも見られないとなれば、ヒマになれば本を読むとか音楽を聴くなどするしかないと思いますが、さすがに手持ち無沙汰になったようで、長女は何もすることがなくなって退屈になるとわたしの携帯に電話をかけてきて、一緒に保育園まで弟たちのお迎えに行きたいと言い出しました。

もちろん、やるべきことがすべておわっているなら、いいよといって駅で待ち合わせをして保育園に一緒に行ったりしました。

最近、ようやくテレビを見ないことに慣れてきたようなのですが、今はテレビがなくてもパソコンがあるんですよねー。パソコンでDVDを見たり、音楽を聴いたり、Podcastを聞いたり…。パソコンも自由に触らせたくないのですが、DVDや音楽くらいならまぁ自分で操作してもらって聴いてもいいかなと思います。たまにパソコンをいじりすぎて、もう触るの禁止!と叱るときもありますが。

だんなとわたしは、もちろんパソコンからニュースなど情報を得たりしていますが、ここ最近は朝、ラジオも聴いています。子どもたちも映像をともなうテレビより声だけのラジオを聴いた方がいいんじゃないか、と思います。その方が理解力がつくのではないかと。長女は人のお話を聴いてもよく理解できてないところがあるようです。先日の小学校の入学式(始業式)の日、どうやって登校するかということの説明を先生にしてもらったようですが、理解できず、直接学童へ行ってしまいました。わたしも事前にもらっていたプリントでちゃんと確認しなかったのも悪いのですが、職場に先生から電話があってちょっと恥ずかしい思いをしちゃいました。

子ども向けのラジオ番組ってないんでしったっけねぇー。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-11 16:01 | こどもたち
今日は病院で妊婦検診してもらう日でした。

自宅出産予定で、いつも助産師さんに診ていただいていますが、最低3回は助産師さんが提携している病院で診察してもらう必要があります。最低3回というのは、妊娠前期の血液検査、妊娠中期(かな?)の妊娠状況検査(主に胎盤の位置を確認。前置胎盤でないかどうか)、妊娠後期の血液検査です。

今日は妊娠中期の検査でした。結果は問題なし!順調とのことです。前置胎盤ではなかったので、とりあえずほっとしました。

前置胎盤を防ぐ方法として、助産師さんに教えていただいた運動をいつも寝る前にしています。それは合掌がっせき法というもので、仰向けに寝た状態で両手をあわせ両足も足裏をあわせた状態で、上下に伸ばしたり縮めたりを10回程度繰り返すというものです。

これをすると胎盤が上に動いたり、安産になるといいます。

寝る前に暗がりでやっていますが、となりで一緒に寝ている子どもたちも「たいそう、たいそう」などと言いながら、時々真似します。また、几帳面な長男は、わたしがその体操を忘れたりすると、「体操した?」などと聞いてきます。ありがたいねぇ。

おなかを見たら妊婦かな、とわかるくらいになったので、長男や次男もおなかに赤ちゃんがいるということは理解しているようです。次男は本当にきちんと理解しているのかどうか、わかりませんが、なんとなくはわかっているようです。出産の場面を見てもらえるといいと思いますが、うまい具合に子どもたちが起きている時間に出産することになるかどうか、お楽しみですね。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-10 17:04 | いのち
先日、足ツボマッサージのスクールの申し込みを済ませましたので、教材が届きました。

わたしが通うところは、こちら「中国足部反射区健康法研究会 東京校」です。こちらでほぼマンツーマンくらいの少人数で教えていただく予定になっています。

教材は足の反射区の教本とからだのしくみの本です。

自分で押したり、だんなの足を押したりしながら覚えています。

知り合いに声をかけて、マッサージをさせていただく予定も随時決まってきています。

まだまだ募集していますので無料インターンマッサージ希望の方はお気軽におっしゃってください。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-10 12:05 | 起業

お花見にいきました。

先週の土曜日、長男と同じクラスの保育園ママ&パパたちと1駅隣りまでお花見にいってきました。

当日、天気が心配されましたが、なんとか雨は降られずにすみました。ちょっぴり肌寒かったのですが、子どもたちは元気いっぱいに走り回っていました。1人くらいいなくなっちゃってもわかんないね、なんてことを話ながら、レジャーシートを広げる場所まで桜をみながらのんびり歩いていきました。

お花見を企画したのは、育休中の3人のママたちでした。みなほぼ同時期に出産して約3ヶ月の乳児を連れて来ていましたが、もってきていたお弁当は手作りだったような…。素晴らしい!うちは、土曜はいつもお掃除デーなのでやはり掃除を済ませたかったので、午前中掃除をしたら手作りお弁当など作るヒマもなく…。集合時間が迫ってくる中、あわててスーパーへ惣菜やおにぎりなどを買いに走りました。

ということで、おやつもゆっくり用意する時間もなく、適当に家にあるものをもっていきました。長男のお友達はみんなリュックをもってきていました。ピクニックといえば、リュックですよね。あ~、うちはすっかり忘れていました。そのリュックには何が入っているのかというと、当然(?)おやつでした。お弁当を早々に食べ終えた長男のお友達は、もってきたリュックの中からおやつを出して、皆に配ってくれたりしました。まだうちはごはんを食べていましたが、長男も次男ももらったおやつが気になって、ごはんどころではなくなり、おやつを食べるといいます。ここでダメ!なんていっても聞かないので、仕方なくごはんはごちそうさまにしておやつを食べさせました。

おやつを食べ終えると、長男はまた「パンちょうだい!」といって、またパンを食べていましたが、それを食べ終えると、だんなと遊びにいきました。

3人の赤ちゃんたちのうち、1人は4月から保育園に通うとのことで、哺乳瓶のミルクを飲めるように練習していました。飲むときと飲まないときとあるといってましたが、お花見の日はまったく受け付けず、ずーっと泣いていました。わたしの長男も次男も同じくそうでした。とくに長男は保育ママさんに預かってもらうことになっていたのですが、保育ママさんからは、必ず哺乳瓶でミルクを飲めるようにしておいてくださいね、といわれていたので、必死でした。自分としては母乳を飲ませたかったのですが、預けるために哺乳瓶の練習をしないといけないのは、少々つらいことでした。とても嫌がって飲もうとしてくれないのです。預かってもらうためには仕方ないことだと思いながらも、子どもがこんなに嫌がっていることを無理やりすることに何か意味があるのか、と思ったり。自分のおっぱいはこんなにも張ってきていて母乳を飲んでほしいと思っているのに飲ませられないという矛盾。そんなことを思い出しました。次男のときは、認証保育園に預けたので長男ほど預ける前にぜったいに哺乳瓶に慣れさせてください、とはいわれなかったので、長男のときほどつらい思いはしませんでした。ただできるだけ母乳をと思ったので長男のときも次男のときも仕事の合間に毎日母乳をトイレで搾乳していました。これも結構疲れる作業で大変でしたが、なんとか頑張ったなぁ…、とそんなことも思い出したり。

次男は長男のお友達のお姉さまがたに連れられ、両手に花でおままごとなどをして遊んでもらっていたようです。長男はというと、お友達とかかわりが少ないながらも走り回ったりして遊んでいたようです。

夕方から習い事のあるお友達や仕事にいかなきゃいけないお母さんがいるというので3時ごろに帰り支度をして、それぞれ電車にのってお別れ。カメラを忘れたのがちょっと悔やまれました。
[PR]
by naonaogon | 2007-04-04 18:00 | 外出