温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ゴキブリをやっつける

お風呂から上がって、こどもたちはパジャマを着て、そろそろ寝ようかと思っていたところ。

長男が今にも泣きそうな顔をしながら、「なんか、虫がいたよ…」と慌ててわたしのところへやってきました。

この時期の「虫」といえば、ゴキブリであることが多いのですが、とうとう出よったか、と思って、「どこよ?」と聞くと、「あそこだよ」と部屋の隅に指をさしていいました。

長女が「ゴキブリ?」と聞くと、長男は頼りなさげに「うん…」

その部屋は電気がついていなかったので、ゆっくり電気をつけました。長女が「あ!ゴキブリだ。ほら、茶色の」といいましたが、目が悪いわたしは、まだよく見つけられなくて、「えー?どこよ?」といいながらよくよく見てみるとようやく見えてきました。「あー、これか」

そのゴキはまだ羽が生えていませんでした。新聞紙を取りにいって、やっつける準備をしました。ゴキはやはり叩きにくい部屋の隅にいるので、どうやって叩こうか、こういう向きがいいか、とか少し考えていると、こどもたちが「はやく、はやく!」とせかします。

そして「バシッ!」やっつけました。ふー、よかった。こどもたちも「やった~!」と歓声をあげていました。(^^;)

ゴキブリをやっつけるのはだいたいわたしの役目(?)なのですが、こどもたちがもう少し大きくなったら、こどもたちもやっつけられるようになってくれるのか、ちょっと心配になりました。べつに必ずしも、新聞紙みたいので「バシッ!」とたたいてやっつけなければならないことはないのですけれど、ゴキを見て、「こわい~~!」と逃げているようでは、ちょっと情けないかと。確かにゴキは気持ち悪くて、あの動きはコワイものがありますけど。

「おかあちゃん、ゴキブリやっつけたで!」と自慢げに話してくれるこどもはいるだろうか。次男ならちょっと期待できるかなー?
[PR]
by naonaogon | 2007-05-30 16:08 | こどもたち

妊婦健診

今日は、妊婦健診でした。

この間の健診でむくみを指摘され、ちょっと心配していました。

足のむくみはここのところ少しましになってきましたが、やはり夕方になるとどうしてもむくんでくるようです。夕方むくむ、というのは別に妊娠していないときでも多少そうだったような気がするので、少しくらいは仕方ないのかな、とも思っていました。

毎日、お風呂上りにちょっとふくらはぎをマッサージして、寝る前に足を壁にもたせかけV字にして少しむくみをとっていました。そしてさらに、寝るときには座布団を足の下に敷いて寝るようにしていたので、朝方はほぼむくみがとれているような状況でした。

先生に夕方は少しむくむんです、というと、まぁそれはそんなに気になさらなくていいよ、とおっしゃったので、ちょっとばかりほっとしました。

体重も前回の健診からさほど増えていなくて、こちらもほっとしました。今のところ、通常から体重はプラス5.6(26週6日)。まぁまぁでしょう。これからぐっと増えてくると思うので、気をつけねば。

赤ちゃんの方は、順調です。やはり若干大きめ、らしいですが。37週から正規産ですが、37週入ったら、すぐに産まれてほしいなぁ、と勝手なことを考えているこのごろです。年が年なので、この妊婦という状況、しんどいです。もちろん、産まれたら産まれたで大変なことも十分わかっているのですが、このパンパンのお腹がひっこむと少しラクになるんではないかとか思うわけで。これから赤ちゃんに○月○日になったら産まれておいで~!と毎日声かけしなくちゃね。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-29 14:06 | いのち

一青窈のBESTYO+CONCERTYO

少し前にこのCD&DVDを購入しました。

わが家ではマシンはMacを使っていますが、

ずっと前にiTune Storeのサービスで1曲『ハナミズキ』をダウンロードし、

こどもたちもとてもお気に入りの曲でした。だから、というわけではありませんが、

だんながこのアルバムを買おうといって買ったのですが、もう毎日のようにこどもたちは

DVDを観て、一緒に歌ったり、歌を覚えるまでになりました。

今、テレビ&ビデオが見られないので、映像で見られるのはDVDくらいです。

(絵のない絵本というのがiTuneで観られますが、ほぼ毎日観ているのはDVDです)

次男までが『ハナミズキ』を歌ったり、「あ!『もらい泣き』だ!」といって楽しそうにDVDを観ています。童謡以外の歌をくちづさむ2歳児って、ちょっとめずらしくないか。(^^;)

いずれにしても音楽は心に栄養を与えてくれるので、おおいに聴いてくれていいのだけど。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-29 13:34 | こどもたち

運動会おわったー。

土曜日は、長女の運動会でした。

週間天気予報ではずーっと雨だったので、こりゃもう日曜日に延期になるだろうと思っていましたが、金曜日に予報ががらっと変わって土曜日に運動会ができそうになったので、ちょっとほっとしました。とはいっても、水はけの悪いグラウンドですから、金曜に雨がたくさん降って土曜に運動会するにしても、去年のようにグラウンドがまたぐちゃぐちゃのコンディションの中、することになるのか、と思っていましたが、先生たちが水とりをしてくれたそうで、グラウンドのコンディションは思っていたほど悪くありませんでした。

世の中、少子化といわれ、子どもの数が減っているのに、長女の通う小学校では子どもの数が増えていて、教室が足りなくなり、今年、グラウンドのちょうど朝礼台のところにドンとプレハブの校舎が建てられました。おかげでスペースが狭くなり、今年から運動会は立ち見です。まぁ、シートを敷くために朝早くから並ばなくてよくなったことは嬉しいですが、立ち見は妊婦の私にとってはかなりきついものがありました。

祖父母たちにとっても大変です。いちおう、祖父母たちのための椅子席は用意してあるのでそちらで見られることになっていましたが。元気な祖父は観に来ましたが、祖母は少し前に体調をくずしたこともあって残念ですが、今回はお留守番。

朝5時ごろおきて、お互い少し足のマッサージをして、わたしは朝食とお弁当の支度。だんなは洗濯物などを干したりお風呂洗いなど。この日のお弁当はチキンの照り焼き(上にプチトマトとカイワレダイコンを飾って。)、ちくわと人参としいたけとこんにゃくの煮物、切干ダイコンのはりはりサラダ(酢の物)、ブロッコリーとエビのマヨサラダ、卵焼き、おにぎりです。卵焼きとおにぎり以外をつめて、ほぼ完成したところで、わたしとだんなは朝食を食べました。

それから、いつものように寝起きの悪い長女をたたきおこして、長男と次男も起こしました。ここですでに7時前くらいだったかな。起こしてから朝食を食べさせるまでにまた少し時間がかかります。布団でごろごろしたり、本を読み出したり、パソコンをさわろうとしたりするのです。今日は運動会なんだから!早くしないと遅れちゃうよ、といってせかすけど、これがなかなか急いでくれない。こっちはこっちでお弁当の卵焼きも焼きたいし、おにぎりもつくらなきゃならないしで子どもの朝食までいちいちつきあってられないけど、つきあわずには子どもの朝食が終わらないというジレンマ。最初のうちは、ほっといて自分たちで食べさせてそのスキに卵焼きを作っていたけど、やはりなかなか終わりそうにないので結局、次男には途中から食べさせたりしながらやっとのことで終わらせて、おにぎりを作り出す。ここですでに8時20分くらいだったか。長女はそのころはもう学校についていたはずだが、長女も送り出すのに何度もせかさないとアカンかった。

おにぎりを作ってようやく家を出たのが9時ごろ。運動会は9時開始。あーあ、もう始まっている。

お弁当などの荷物を荷物置き場にだんなに置きにいってもらって、さて、どこで観ようか、としばし考え、本部の後ろにとりあえず決めました。そこから真正面ほどに長女が座っていたけど、遠すぎてカメラで撮っても顔がわからないくらいでした。

しばらくして祖父からだんなに電話がかかってきて校門にいるとのことでした。駅の出口を間違えて反対方向へと進んでしまったらしく、少し遅れてきました。でも長女の出番はまだだったので、大丈夫。徒競走や他の学年の演技などを観ているうちにようやく長女の学年の出番がきました。4人でやや大きなボールを神輿のような台の上にのせて運び、赤と白で競争するというもの。長女は2チーム目だったようで、見逃してしまいました。(だんなが別のところで見ていてこちらへ帰ってきたときもう出たよねというので、え?そうなの?ありゃりゃわからんかった(^^;))

それからしばらくして、長女たちの演技も始まりました。長女は、すこーし忘れていたようなところもあったようですが、頑張って踊っていました。

昼食はシートを敷いてお弁当を食べました。できれば日陰がよかったのですが、日陰はすでにほとんど空いていない状態。ひろびろとできる運動場のど真ん中にシートを敷くことにしました。でもこれが暑かった。長男と次男は思ったほどお弁当を食べてくれなかったので、わたしやだんなが食べ過ぎました。おかげで苦しい苦しい。おやつもゆっくり食べる時間もなく、片付けてまたもとの場所へ移動しました。

午後は長女のかけっこがありました。練習では2番目になった!と自慢げに話していましたが、そんなに早いのかぁ?と疑っていました。本番では?なんと2番目でした。もっとも一緒に走った子どもたちはおそらくそれほど走る速度に差がないようなグループになっていたようですが、それでも2位なんて、スゴイスゴイと思いました。自分は徒競走ではいつもビリとかビリから2番目くらいでしたから。

それから長男も次男もいいかげん退屈しているようなので、運動会の観覧はやめて近くの公園へ行くことに。そこで少し遊べば気分転換になるだろうと思っていましたが、その公園の遊具はシーソーしかありませんでした。でも他の公園へいくのもしんどいので、わたしとだんなはベンチに座り、しばし休憩。長男と次男はそのたった1つあるシーソーで遊んでいたようです。

後半、6年生の組体操と最後の紅白リレーくらいは観にいくか、といって公園をあとにしました。組体操を観ていると、次男がこっちに一緒に座るの!といってひっぱるので結局まともに観られませんでした。紅白リレーは観られましたが、なかなか迫力があって楽しめました。

長女は赤組でしたが、今年は白組の勝ち。残念ながら負けてしまいました。去年は長女は白組でしたが、去年も負け。来年くらいは勝てる組に入れるといいね。

この日、暑いだろうからと半袖Tシャツを着ていきましたが、失敗。日焼けして真っ赤になり、いまだにひりひりしています。

とにかく無事、行事ごとが一つおわってほっとしました。ふ~、疲れた。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-28 16:37 | こどもたち

保護者会(長男)

長男の保護者会は、だんなが出席しました。
午前中は保育参観、午後は保護者会でした。

保育参観では、一緒に遊んだり、稲を植えたり、お誕生会をしたりといろいろと盛りだくさんだったようです。

保護者会で、最初、子どもたちの声を録音したもの(子どもたちが個別に呼ばれて、お母さん好き?お母さんのどんなところが好き?と保育士に聞かれ、答えたもの)を聞いたそうです。どんなところが好き?と聞かれて、うまく答えられた子とそうでなかった子は半々くらいだった、といっていましたが、わが家の長男は、いちおう、はっきりと答えていたようです。

録音したものと同じことが言えたので、だんなが長男に話すようにいって、直接教えてもらいました。その答えはというと、「お母さんのちゃんとお仕事しているところが好き!」とのことでした。

ふ~ん、そうか。

でも、わたしのお仕事ってどんなことか知っているのかな?と思い、あとで聞いてみると、「わかんなーい」だって。

だんなもなぜ、「お仕事しているところが好き」といったのか、ちょっと不思議だな、といってました。

でも、お仕事しているのが嫌いといわれるよりはずいぶんとましですけれど。

ちょっと謎です。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-23 16:58 | こどもたち

保護者会(次男)

先日、保育園の次男のクラスの保護者会に出席しました。

次男は2歳児で、「ヤダヤダ」とわがままor自己主張の激しくなる年齢で、このことについて、やはり保護者会でもいろいろとお話を聞くことができました。

この何をするにも「ヤダヤダ」といって反抗する時期は、ほぼ誰にでもあって、それは成長している証とされます。むしろない方が心配、と保育士はいいます。

なので、この時期をどうやってうまく乗り越えていくか、ということでみなさま保護者の方々の悩みは尽きないのですが、いろいろと工夫されているようでした。

たとえば、夜、寝るのを嫌がる。→電気を消して真っ暗にして、家族全員で寝てしまう。「ねぇねぇ、ママァ、パパァ」と話しかけられても無視して寝る。(このとき、たとえば夕食後の片付けが終わっていなくても、そのぶん朝早起きしてすることにする)

         同上       →こっちに面白いものがあるよ~、きてごらん!といって布団の方へと誘う。

とにかく何でも嫌がるとき→「そっか、いやなのね。(といったん受け止めるが)でも、○○しましょう」といってそれを何度か繰り返して最終的にさせる。

     同上        →ゲーム(遊び)のようにさせてみる。

歩かない(抱っこ抱っこという)→安全なところ(ガードレールのついている歩道など)で、先に歩いて「ここまでおいで~!」といって歩かせる。

わが家の場合→「そうかぁ、でもお母さん、困っちゃうなぁ。○○してくれたらお母さん嬉しいんだけどなぁ」という。そうすると、しばらくして考えて「じゃぁ、○○する!」といってくれることが多いです。

うちでは、次男のヤダヤダもまだ少しありますが、まだ長男のヤダヤダとスネスネもあるので、ちょっと手を焼いているところです。次男はもうだいぶん手がかからないようになってきていますが、それでも次男に手をかけていたりすると、長男は焼きもちをやいてスネスネモードになってしまうのです。そして長男にも手をかけると、今度は長女が…。とまぁ、全員に愛情を平等に注いでいるつもりでも子どもは不平等に感じてしまうようです。難しいですねー。

保護者会で教えてもらった手遊びとお話。長女が通っていたころも楽しんでいたようで、なんとなく聞いたことがあって、初めてではありませんでしたが、忘れないよう、ささっとメモしました。
「山小屋一軒」と「おばけおばけのかぞえうた」です。

♪やまごやいっけん ありました~
まどからのぞいたおじいさん♪
…(出典がわからないので中略)
という歌です。
さっそく歌ってみると、次男はとても嬉しそうな顔をして、「りょうしのてっぽうがこわいんです~、バーン!」のところ、「バーン!」とてっぽうのしぐさをしてくれました。かわいい(*^^*)
自分で進んで歌ってくれるくらい、よく覚えていました。

おばけのかぞえうた(アリス館出版のひろかわ さえこ作のようです)は、
ひとつひょっこり ひとつめこぞう ひとつめだいすき めだまやき
ふたつふらふら ふたくちおんな ふたくちだいすき …
というもので、10まであります。
○○だいすき のあとのおばけの好きなものは、子どもたちが覚えているので皆で声をそろえていうんだそうです。
これもさっそく次男に話してみると、またまた嬉しそうな得意そうな顔をして、「めだまやき~」とか「まめもやし」とか言ってました。スゴイスゴイ、ちゃんと覚えているんですね~。でも、これを次男と話していると、そばにいた長男が「オレがいうのっ!!」といって不機嫌に。でもって、そんなことおかまいなしに、次男はつぎつぎしゃべるから、長男はますます不機嫌に。あ~あ、ここでバトル勃発。仲良く楽しく遊ぶバランス、結構難しいです。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-23 15:20 | こどもたち
asahi.comより偽食品、中国深刻 キクラゲ・粉ミルク……

中国は基本的に好きなのだけれど、こういうところが嫌い。
なぜに、われわれが口にするものに対して、有害なものを添加するのか?
金もうけのため?
当分の間、中国産のものは買いたくないなぁ。とはいっても、すでに日本は中国から輸入している食品に頼り切っているところがあるし、さまざまな食品に中国産のものが含まれているのだけど。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-21 18:02 | 中国china
足部反射療法の講座に通っていたとき、先生に教えていただいたアイスクリーム情報。

このDEAN&DELUCAのアイスクリームはコンビニではファミリーマートでしか販売していないとのことでした。講座が開講されていた代々木上原駅前のファミマでは販売されていて、他のファミマではまだ販売されていないとのことでした。

このアイスクリーム、先生のお勧めはチョコレートでした。が、講座の合間に買って食べたのは、個人的に好きなバニラ。でも一口チョコを味見させていただきましたが、確かにこのチョコのアイスクリームはほろ苦い大人の味で高級感たっぷりでした。

だんなにさっそく教えてやると、チョコ好きアイス好きな旦那(要するに甘いもの好き)は、仕事帰りに家の近くのファミマに売っているかどうか寄ってみたそうです。駅前にそう離れていないところに2件ありますが、そのうち1件で売っていたので、さっそくチョコレートアイスを買ってきていました。

会社の近くのファミリーマートでも販売されていました。残念ながらチョコは品切れ中なのか置いていませんでしたが。でも、抹茶アイスはあったな!そのうち抹茶アイスも食べてみたいなぁ~。

ファミリーサポートでお世話になった方から長女にと、お下がりの服をたくさんいただいたので、このDEAN&DELUCAのアイスクリームを贈りました。最初はハーゲンダッツにしようかと思っていたんですけれども。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-16 13:57 |
GWに頑張って講座に通い、無事修了しまして、さっそくインターンを数名させていただきました。させていただいたのは、全員同じ保育園に通っている保護者の方々です。ありがたいです。
今の仕事がお休みの日にする関係上、子どもが家で騒ぐ中、させていただいたので、本当の意味でくつろげなかったもしれませんが、みなさんに喜んでいただけました。

いやはや、いろんな方の足の裏をさわらせていただくというのは、やはり勉強になります。反応がとれるところ(じょりじょり感じたり、ふわふわしたような感じなど)は、これかな?とまだ自信がないところもありますが、もう少し経験を積んで実感していければと思います。

水虫持ちの方がいらっしゃるとのことだったので、手袋をこちらでサンプル請求してみました。こちらの左のメニュー欄の「感染予防対策 消耗品」をクリックして右側に出た一覧表の「各種手袋」のビニールスタンダード(No.100)というものです。サンプル請求したサイズはSSとSです。SSがぴったりフィットでいい感じでした。Sもまぁまぁフィット感がありますが、リフレをしやすそうなのがSSサイズでした。

リフレが終わってから、やはりお茶(中国茶)を出したのですが(いちおうリフレクソロジーが終わると老廃物代謝のために水分補給(白湯が望ましいようですが)したほうがいいとのことです。)、お茶菓子として、白玉団子の「芝麻湯圓」(写真をとりそびれてしまいましたが、画像はこんなのです)を作りました。中の餡は黒胡麻です。中国では旧正月の15日(元宵節)に食べるものです。これは身体を温めますし、黒胡麻は血行を良くし、内臓の働きを活発にし、肌、髪を美しくし、強壮効果もあるというので、リフレのあとのお菓子としては最適かも!と張り切って作りましたが、バタバタしていてきちんと説明しそびれてしまい、みなさんあまり食べられませんでした。それともお口に合わないくらいマズかったのだろうか?(^^;)餡は黒胡麻ペーストと黒砂糖、ラードを混ぜたものをいれました。甘さはやや控えめ。わたしは大好きなんですけれども。

とはいっても自分が好きなものを必ずしも他の方が好きとは限りませんからねー。ここのところがちょっと難しいところです。

中国茶は茶壷を使って入れたので、なかなか香りもよく味わいもすっきりで好評でした。お茶の葉は遊茶で「特急黄金桂」というのを購入していれてみました。

これからもぼちぼちやっていきますのでご希望の方、どしどしご連絡ください。
よろしくお願いいたします!
[PR]
by naonaogon | 2007-05-16 11:35 | 起業

お産のための中医学

お産のための中医学
むくみのことを調べていて、たまたま見つけたサイト。
babycomのサイトは知っていたけど、こういうコンテンツもあったなんてね。
[PR]
by naonaogon | 2007-05-10 17:57 | いのち