温楽空間 こころとからだを温める隠れ家サロンをオープンする予定です


by naonaogon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

江戸川区は東京都23区でいちばんインド人がたくさん住んでいる区だそうです。

少し前から、わが家の近所でも美しいサリーを着たインド人をよく見かけるようになったなぁ、と思っていたのですが、東京都23区でインド人が一番多く住んでいる町だなんて驚きました。

週に一度くらい(少なくとも2週に一度)は通う図書館ですが、そこで面白そうな講演会のお知らせを見つけたので、5/25(日)に行ってきました。講演者は江戸川インド人会副会長のインディラ・バットさんです。

わたしはインディアンヘッドマッサージを勉強して認定セラピストとなりましたが、恥ずかしながら、じつはあまりインドのことは知りません。インド(人)のことを知るいいチャンスだと思って、講演会に行きました。

現在、江戸川区には1500人ほどのインド人が住んでいるそうです。なぜ江戸川区に一番多いのでしょう。それは緑もわりと多く、住みやすいし、成田空港からも(東京の中では一番)近い、からだそうです。

インディラ・バットさんはもう25年ほど日本に住んでいるそうですが、日本に来たばかりのころ、日本人にインドのことを話すと日本人の60歳代の方々がよく理解してくれた、つまりインドは日本より30年ほど遅れていたんですね、とおっしゃっていました。

インドでは結婚は95%がお見合いだそうです。親が自分の子どもがそろそろ結婚適齢期になると、相手をさがすそうです。お見合いといっても日本で昔から行われていたのとはちょっと違うようで、相手との相性をみるのには占いをするそうです。生まれた月日の星で相性をお坊さんに占ってもらい、相性がよければ結婚、悪ければ結婚しないそうです。(今、ちょっと性教育について勉強していますが、インドの性教育ってどんなのかしら?とこのお見合いのお話を聞いて疑問に思ってしまいました)たぶん、わたしが生まれる少し前くらいは日本もお見合いの方が自由恋愛より多かったと思いますが、お見合いが圧倒的に多いと聞いてちょっと驚きました。ちなみにわたしの両親もお見合いでしたが。

インドにはカースト制度というのがありますが、結婚するときは、その制度にしたがってお互いにあう職業の人と結婚することになるそうです。教育の面では、カースト制度に関係なく、皆同じ学校で勉強するということです。学校ではそのようなカースト制度や宗教が違っていても気にせず一緒に遊んだり学んだりするそう。宗教はヒンドゥー教が80%近く、イスラム教が15%くらい、キリスト教が数%くらいだったかな。他にもさまざまあって、インドで宗教によるお祭りは何日くらいあるか?という外国人の問いに対する答えは「360日です」というくらいほぼ毎日何らかのお祭りがあり、子どものころは自分が信仰している宗教に関係なく、友人がなんらかの宗教でお祭りをするというと皆でそのお祭りに参加するのだ、とおっしゃっていました。

あと、食事(料理)について。インドといえば、カレーですが、日本人が味噌汁を毎日飲んでも飽きないように、インドもカレーを毎日(毎食?)食べても飽きないそうです。味噌汁も具によって味が変わるのと同じでカレーもいろいろあるそうです。インディラ・バットさんは菜食主義者(この菜食主義は宗教に関係なく、個人の主義とのこと)で、これまで一度も魚や肉を食べたことがない、とおっしゃっていました。これには会場にいる人が「へぇ~」と驚きの声をあげていました。あとで質問された方がいらして、その方も菜食主義だが、レストランではどうされるか、とお尋ねでした。最初、日本にきたときはサラダとヨーグルトばかりを食べていたとおっしゃってましたが、天ぷらなどは肉や魚が入っていないし、もし入っている料理でも肉や魚なしで作れますか?と聞いてみます、との回答でした。お好み焼きも肉ぬきで野菜だけで作ってもらうそうです。麺類は出汁にかつおが入っているので家で昆布だしで作るとのことでした。

肉を食べるインド人でも牛肉は食べないそうです。それはなぜかというと、自分が死んだあと、牛の尻尾をもって天国に連れて行ってもらうのだ、というのを信じているからだそうです。牛「肉」は食べないが、牛乳やチーズなどは食べるそうです。牛そのものの肉は食べないが、牛から採れたもの=お乳(牛乳)は飲めるそうです。

会場に来ていた人でインド人は数学に強いのはなぜ?と質問していた人がいました。その質問で少し前、わたしも文庫本でインド式計算方法(というタイトルだったかちょっと忘れてしまいましたが(実はまだ読んでない))というのを買ったのを思い出しました。インドでは昔、電卓がなかったので、掛け算を30の段までは覚えていたそうです。今もそうなのかな?ちょっとよくわかりませんが。

ほかの質問では、離婚や再婚はできるか?というのがありました。これまでは許されていなかったが、最近は少しは許されているとおっしゃっていました。

ヘッドマッサージについては残念ながら質問できませんでしたが、また機会があれば聞いてみたいなと思いました。

インドは未知の国というほど大袈裟なものではないですが、それにしてもへぇ~、と思うことが多く、また時間があればインド関連の書籍も読んでみたいと思いました。なかなか貴重な時間でした。

ネットで調べていると、西葛西にはインド人が経営するインド料理のお店があることを発見!ちょっと辛いかな~?子どもでも食べられる辛さのもあるのかな?でもいつかは家族で行ってみたいなと思います。

お店のデータはこちら↓
■スパイスマジック カルカッタ 本店

 TEL: 03-5667-3885
 住所: 東京都江戸川区西葛西3-13-3

■スパイスマジック カルカッタ 南口店

 TEL: 03-3688-4817
 住所: 東京都江戸川区西葛西6-24-5 第2コースタルビル201

●講演会へ行くまでのすったもんだ

じつはこの講演会(この講演会はもちろん大人向け)に行くとき、長男がどうしてもついて行くといってききませんでした。長男は5歳、普段から図書館に行っているのでそこでおとなしく本を読むことができれば大丈夫かなとは思いましたが、でも講演会の時間は1時間半。ちょっと長くて退屈しちゃうかな~?しかもちょっとトイレが近い長男なので心配でした。何度も「お母さんが本を読んであげられない、一人で長いこと待たないとあかん、一人でトイレにもいかないとあかん」ということをいってきかせました。長男は電車好きで電車などの絵本ならかなり長い間飽きずに読んで待っていられるだろうとは思ってはいたのでなんとかなるかな、と思い連れて行くことにしました。でも本当の本当は、自転車にのりたかっただけだったようですが(^^;)。(あ~、そろそろ自転車くらいは買ってやらないとあかんよなー、とまた思う母でした)

行く直前に長男が行きたい行きたいと騒いでいたので、次男まで「ぼくも~、いきたい~」と言い出して「次男も一緒には行かれへんよ」と説得させるのはちょっと大変でした。もちろん、図書館では一人で待たせるより二人で待つ方がいいかなと一瞬思いましたが、二人を自転車に乗せていくのは絶対無理。じゃぁ、じゃんけんで(決める)!なんて言ったりしてたけど、もしそれで次男を連れて行くということになったら、次男はおそらく一人では待てません。自転車置き場まで次男もついてきて自転車に乗れないなら歩いていく、なんてことまで言っていた次男でしたが、歩いていくのは無理、長い時間待つのも無理、だからお姉ちゃんたちと遊んでてね、というと、なんとか納得しました。長男は自転車に乗せてもらって、もうウキウキしてたのでした。こういうときの長男って、かわいい!

あ、長男は講演会の間、おとなしく本を読んで待っていました。えらかったねぇ~!!と褒めると、嬉しそうにしてました。
[PR]
by naonaogon | 2008-05-26 13:56 | 外出
毎日ドタバタして、子どもたちの体調管理もままならず、今日は病児保育予約しなくて大丈夫か?なんてことばかり気にかかっている今日このごろですが(^^;)、サロンの準備はちょっとペースダウンで進んでいます。

a0014461_4432983.jpg
部屋はまだ雑然としていますが、そろえたものは、ヘッドマッサージ用の椅子、クッションなど。ヘッドマッサージ用の椅子はいろいろ悩んだ挙げ句、購入したのですが、若干まだ調整が必要です。


a0014461_4444770.jpg

この雑然とした部屋を素敵な部屋に変えていきまーす!
a0014461_4231734.jpg

[PR]
by naonaogon | 2008-05-26 04:46 | 起業

嬉しかったこと♪

ずばり、長女からの母の日のプレゼントです。

前日の土曜日、わたしに「お母さん、好きなものって何?」と尋ねてきました。
好きなものっていろいろあるけどなー、と思いながら、長女が「たとえば、花とか食べ物とか」というので、「バラの花と、いちごと…○○(長女の名前)!」といいました。
「えー!○○(長女の名前)?○○なんてできないよぉー!」(ん??何か折り紙でも折って作るのかな?)

「動物とかは?」
「犬!」即答。

母の日のプレゼントかな~?と期待しつつ、別に長女が何をしているかをじーっと観察していたわけではないけど、わたしが授乳しながら、なんとなく長女の方に目をやっていると、長女はニヤニヤしながら「もぅ、見ないでよ」というので、「はいはい」といって視線を別の方向に移しました。

母の日の日曜はちょっとわたしも疲れてゴロゴロしたりしてました。なので母の日というのをもう忘れかけていた夕方、長女が「あ、そうだ、母の日だ」と思い出して、一つの封筒をわたしに差し出しました。

「はい、どうぞ」といってもらい、開けてみると中には、折り紙でつくったイチゴや長女の顔、犬が入っていました。そしてお手紙も。

「8年間育ててくれてありがとう。これからもおいしいごはんを作ってね」

と書かれていました。

それを読んだとたん、不覚にも涙が出てきてしまいました。
あー、涙もろくなったなぁ。ちょっとだけ心配そうに見つめる子どもたち。

次男は「泣いちゃったの?」
長男は「一青窈みたい」(※注:BESTYOのDVDには一青窈が感動して泣く場面がある)

子どもを育てているといろいろあるけど、こういうささやかな喜びが味わえるのは本当に幸せなことです。

前に保育園のママ友で「子どもが多いのは大変だけど、入園式とか卒園式とか感動する場面は子どもの数だけ味わえるのはいいですよねー」なんて言われたことが印象に残ってます。考えてみればそうです。なんだかちょっぴり得?した気分です。
[PR]
by naonaogon | 2008-05-13 17:53 | こどもたち

我が家ではパンは

ごはんの後に食べるモノです。え?そんなの、食べすぎじゃん、って?
いやいや、これがどうも我が家の子どもたちにとっては別腹のようで。

ある日の会話。

次男「ごはん(食べ)終わったら、チョクパン食べよーっと!(^-^)」(※注:次男はまだ「さしすせそ」がまだ完璧でなく、「ちゃちちゅちぇちょ」に聞こえます)
長男「えっ?チョコパン?チョコパンあるの?」(※注:我が家の子どもたちはみなそうですが、チョコが大好き。長男も次男の「チョ」にすぐさま反応。)
母「違うよ、ショ、ク、パン」
次男(長男に向かって)「「チョク」っていってごらん!」
長男「・・・・」

次男は自分がちゃんと「ショク」と言えてないのに無邪気に長男にコトバを教えているのでありました。かわいい!
[PR]
by naonaogon | 2008-05-09 17:03 | こどもたち

心配したぁ~。

昨日、仕事から帰って、保育園へ迎えにいって、マンションの家を見上げると、明かりがついてなかったので、アレ?長女は?おらへんのかな?それとも寝てる?(小1くらいのころは疲れて寝てるということもありました)と思い、ちょっとドキドキしながら鍵をあけて、家に入ってみると、誰もいませんでした。

長女のランドセルはあったので一度家には帰ってきているようでした。

そして無用心なことにベランダの窓が半分くらい開いていたのです。

一瞬ベランダにいるのかな?と思ってみて見ましたが、やはりいませんでした。

もう時間は7時10分をすぎていてあたりは真っ暗。いつも乗り回している一輪車がないので、マンションの1Fで遊んでいるのかと思って探しに行きましたが、ガラーンとしていてやはり誰もいませんでした。

いつも遊んでいるお友達のところへ電話をしてみましたが、誰もでません。
えー!!もしや、、もしや!と不安なことが頭をぐるぐる回ります。
とにかくだんなに電話して、どうしようか、と相談。
だんなは途中の仕事をおいてすぐ帰るといい、学校にも電話をして長女が帰らないことを報告してみようということになりました。

そして学校へ電話をして、校長先生とお話していたら、玄関の扉がガタガタといいました。あ!!ひょっとしてかえってきたかも、といって、しばらくすると長女は自分で鍵を開けて入ってきました。

校長先生が何か事件に巻き込まれてなかったかだけちょっと確認してみてください、と言われたので、聞いてみると、遊びに夢中になっていて時間を忘れてしまって遅くなった、とのことでした。それを先生に伝えると、じゃぁ、まぁあまり叱らずに話しを聞いてやってください、と言われました。

あ~、ホンマに心配した。このまま朝まで帰ってこないとどうしようかと思いました。遊びに夢中になったのはまぁ、仕方ないとして叱るのはぐっとこらえましたが、昼間になにやら消しゴムなんぞをお友達と買い物をしたらしく、ちょっとその買い物のことで叱ってしまいました。

昨日は、保育園の帰りになぜか見ず知らずのおじさん(おじいさん?)に生たけのこをいただいてしまって、恐縮しながらもでも早速ゆでなくっちゃ!と思っていたのに、長女遅く帰る事件があったので、たけのこはもうそっちのけになってしまいました。
[PR]
by naonaogon | 2008-05-02 11:34 | こどもたち

こいのぼり

我が家には男の子が3人もいるというのに、まだこいのぼりをあげてません。

次男は、ちょうど我が家の下の階の部屋で1ヶ月ほど前から泳いでいるこいのぼりを見るのが楽しみで、「今日、こいのぼりまわっているかなぁ~?」とニコニコしながら言うのです。(※注 「まわる」というのは、こいのぼりのてっぺんについているアレ、なんというんですか、矢車の上についてるヤツです。あれがまわっているのを見るのが好きみたいで、こういうことをいうんです。最近は「こいのぼり泳いでいるかなぁ?」というようになってきたけど)

もう、全身ワクワクしていて、こいのぼり見るのが楽しみ~!(^^)ってな感じでいうので、めっちゃくちゃかわいいんです。

と、同時に、あ~、ウチでもこいのぼり出してやらんとあかんかなぁ、と思いつつ、もうすぐこどもの日や~、この土曜日に出せるかな?こいのぼりは、雛人形とは違うから過ぎてもすぐにしまわないとアカンということはないですよねぇ?

でももうよそん家のとか保育園のこいのぼりで十分楽しんでいるみたいなんですが。(^^;)
[PR]
by naonaogon | 2008-05-01 17:19 | こどもたち